人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

そろそろ桜の開花便りが聞かれるようになりましたね。
この春の特集も 今夜で一旦終了です。

b0283437_18304309.jpg

ラストは燕らしい燕さんを。


b0283437_18294395.jpg

ちょっとこわい表情で羽虫を追う燕
バックが雲のバルボティンを以前ご紹介しましたが
これはバックのレリーフも燕です。


b0283437_18293576.jpg


b0283437_18293225.jpg


窯印がなくて、時代もはっきりしませんが
春らしくビビットな印象のお皿ですね。

直径20センチ
デザート皿にしてもよし 飾り皿にしてもよし・・・
★ターコイズブルーの燕のお皿 ご売約 ありがとうございました。




b0283437_18292324.jpg

こちらはつぶらな瞳の燕さん
KGリュネヴィルの美しいボショワール風の絵柄



b0283437_18291966.jpg
色がシックで うんと遠くに描かれている入江の街が郷愁を誘います。


b0283437_18290969.jpg


b0283437_18291461.jpg

b0283437_18290553.jpg


b0283437_18290241.jpg



小さなカケ、目跡からできた疵がありますが概ね良いコンディション。

直径25センチのメイン皿です。
★郷愁の燕さん メイン皿 2,900円



b0283437_18285213.jpg
おしまいはこのかわいいブロカント
デッドストックの幅広チュールレースリボン。
化繊のブロカントです。

b0283437_18284949.jpg

b0283437_18284663.jpg

★あいらしい燕さんレース ご売約 ありがとうございました。


今回の春の燕さん特集
楽しんでいただけたでしょうか・・

いろいろ嫌なことも悲しいこともありますが
怒ったり泣いたりして良くなることなんか何もありませんよ。

さあ ちょっとおしゃれして
目線と口角を上げて
胸を張って春の街を歩きましょう。


今年の花粉はひどい という言葉は
今年の風邪はひどい というのに似て
まあ 毎年のように多かれ少なかれ聞こえてくる言葉。

しかし
本当に 花粉は多めに飛んでいるようです。

同じ飛ぶものでも
こんなレトロな飛行機や飛行船なら なんだか楽しい気分になるのに。


b0283437_20215185.jpg


b0283437_20214773.jpg


ものすごくレアなボウルです。
窯印はなく、ざっくりヒビが入っていますが
この絵柄の面白さ 燕たちの愛らしさに惹かれて迷わず購入しました。


b0283437_20212520.jpg

b0283437_20212290.jpg

b0283437_20211844.jpg



金継ぎされてもいいし
このままでも反対側を向けてディスプレイに・・・


b0283437_20213718.jpg

ヒビからうっすら染まりが広がっています。


b0283437_20213148.jpg

高台には擦れによる変色など。


b0283437_20210412.jpg


そんなよくないコンディションではありますが
ほんとに もう多分出会えない気がするボウルなので
コレクションにいかがでしょうか・・・。

口径11.8センチ 高さ7センチ

★燕と飛行機と飛行船のボウル ご売約 ありがとうございました。



春に美味しくなる食材の一つに
卵 があります。
知ってましたか?

昔 むかし
店主がまだ幼かった頃 そう えらい昔・・

京都に近い母方の祖父母の家では 鶏を飼っていました。
春休みに遊びに行くと、鶏たちの餌に、近所で摘んできたつくしを混ぜてやりました。

そう 鶏ってつくしが好きなんです。

親類が集まった夜のご馳走は すき焼き。
その中にもつくしが・・・
つくしを食べて産んでくれた鶏の卵で つくしの入ったすき焼きを美味しくいただいたことが
今でも懐かしく思い出されます^^ つくしづくし・・・

で、今夜のボウルはつくし・・・ではなく
卵の方で。


b0283437_18105337.jpg


ご存知の方も多いと思います。
卵色のこのボウル。
あっちこっちのショップでものすごく高いお値段がついております・・・(どうなの?それって・・と天の声が・・・)


b0283437_18105004.jpg


b0283437_18104715.jpg


b0283437_18104406.jpg


b0283437_18103966.jpg


スレで黒ずんだ箇所、高台のチップからうっすら染み があるくらいでとても綺麗なボウルです。
口径12.5センチ 高さ6.3センチ




b0283437_18103585.jpg


今回 偶然入手した小さなデザート皿も一緒にご紹介。


b0283437_18103278.jpg


b0283437_18102984.jpg


b0283437_18102629.jpg



貫入はありますが使用感のない こちらもとても綺麗なお皿です。
直径19センチ

お財布にゆとりのある方は 是非ともセットで。と これも天の声

★アマンディノワーズ 卵いろの燕のボウル
★アマンディノワーズ 卵いろの燕のお皿
どちらもご売約 ありがとうございました。

フランスのすずらん祭りはちょっと先ですが
燕にすずらんが一緒になれば 愛らしさ最強・・・


b0283437_17385289.jpg

この絵柄、デミタスC&Sで以前ご紹介しましたが
ボウルもあったのか〜〜! と大感激しました。

今回のボウルは大きめですが
小さいのは超可愛いだろうな・・
青いのもあるのよね・・ など など・・・
欲望の尽きない店主であります。

いつか巡り会えますように!


b0283437_17384997.jpg

b0283437_17384487.jpg


b0283437_17384000.jpg



古いカケと、窯出しの時できた浅いラインが数本あります。
ゆうハゲや染みがあります。
レリーフの凸部に擦れがあります。


b0283437_17383731.jpg
随分愛用されたのでしょう。

重ねた年月にたくさんの疵
ボウルの美しさと使った人の愛着
全てを一緒に紡いだようなボウルです。


b0283437_17383455.jpg
口径15センチ 高さ8.5センチ




b0283437_17381918.jpg



こちらはほぼ「同柄」と言っていいと思います。
窯印をみると19世紀のサルグミンヌ。
深皿に高台がついた、低いデザート用のコンポートでしょうか。


b0283437_17381237.jpg

色のついた貫入がありますが、非常に良いコンディションです。


b0283437_17381657.jpg


b0283437_17380912.jpg



b0283437_17380505.jpg
こちらにはシリーズ名として なぜか?「竹藪」という名がついております。
直径21センチ 高さ4.5センチ


★Digoin Sarregueminesボウル ご売約 ありがとうございました
★U&Cie.Sarregueminesコンポート 9,000円

今夜からは4夜連続でボウルのご紹介です。

まず GIENのおなじみのステンシルボルから。


b0283437_15360125.jpg


b0283437_15354844.jpg


フランスらしい大きなボウル。



b0283437_15354416.jpg



貫入、目跡があり、見込みのツヤはすっかりなくなっていますが
磨かれたようにきれいです。
せっせと手入れされながら使われたのがわかります。


b0283437_15353112.jpg

今回 お揃いのシードルカップも見つけました。


b0283437_15353979.jpg


b0283437_15353562.jpg
ボウルが大きいのでうんと小さく見えますが 一般的なシードルカップのサイズです。
口に浅いカケと窯疵があり、貫入の一部分に色着きがあります。


b0283437_15355477.jpg


b0283437_15355846.jpg



ボウルの口径17cm  高さ10cm
カップの口径9cm  高さ5.8cm

★Gien ステンシル燕のボウル ご売約
    ★Gien ステンシル燕のシードルカップ ご売約

お花見といえば お団子?

花見だんごの3色、白 桃色 緑 は
桜の花の咲く段階を表しているそうです(諸説あり)。

白い蕾が 花開き桃色に染まり 緑=葉桜は初夏への序奏
といったところでしょうか。

お団子もいいけど 店主は大のつぶあん好き。
サラサラのおしるこより つぶつぶぜんざい!

このおしるこ ぜんざい、
時には甘さを引き立てるために お塩をほんの少し入れると聞いたことがあります。

そう お塩!
今夜のツバメは こんなお塩入れにいました!(すみません しょーもない前振りで)


b0283437_10342637.jpg

蓋は木でできていて 他は厚めの陶器です。
3羽のツバメたち 遠くの山林や街の影・・

b0283437_10345898.jpg
上からラスターといって 光沢をつける加工がされています。
お台所用品にしては かなり凝った物ですね。

SEL 塩 という文字が消えかかっています。絵柄はしっかりしています。



b0283437_10353044.jpg
蓋の木に経年の汚れがありますが 陶器部分は非常にきれいです。


b0283437_10352600.jpg
ヒビ・カケ、シミや貫入もありません。


b0283437_10353983.jpg

数字の刻印のみで 窯はわかりません。


b0283437_10353582.jpg


b0283437_10354442.jpg

生活雑器をたくさん作っていたバドンヴィレーあたりではないかと思います。

W13.5センチ H17センチ
底面12×9センチ

★燕のいる陶器SELキャニスタ ご売約 ありがとうございました。




b0283437_18521286.jpg


b0283437_18520465.jpg



予定より一週間遅れでスタートです。

今年もやってきてくれました。
なんとなく寂しげなそこのあなた
空を見上げれば ほら
もう燕さんたちの季節





今夜は軽く食前酒? じゃないですが
きれいな青い燕さん
吹きガラスの小さなグラスに
エナメルが盛り上がるほどにしっかり描かれています。
リキュール用のグラスです。


b0283437_18513771.jpg



b0283437_18503204.jpg


以前もこのエナメル彩画のガラス器、ご紹介しましたね。

スイスイ飛び交う燕たち
水玉模様も愛らしいです。


b0283437_18513264.jpg


これといったダメージはありません。4個セットで。

★青い燕のリキュールグラスセット ご売約 ありがとうございました。


久しぶりの「特集」をご覧いただき
本当にありがとうございました。
<モントロー のETONのお皿はもう一枚在庫がありますのでご希望の方はメールでご連絡ください>


さあ キリよく 今日からもう3月。
一年のうちで3月と11月が一番好きな月でしたが
長く生きていると 色々な出来事があって
3月はちょっと辛い思い出の断片が見え隠れする月になってしまいました。


花の蕾が膨らむ穏やかな暖かさを楽しんでいたら
急に吹いてくる冷たい西北の風に身震いする・・
そんな感じでしょうか・・・


でも 前へ進まなきゃ

というわけで
前向きに今年もやります ツバメさん特集!

b0283437_14053344.jpg

黄色いボウルはAMANDINOISE(アマンディノワーズ)のLES HIRONDELLES
今回はお揃いのお皿も一緒にどうぞ。



b0283437_14051947.jpg

手前の飛行船のボルには大きなヒビがあります。
でも 超レアなボウルです。飾って楽しむなら十分のコンディション。


b0283437_14053677.jpg

エナメルの青いツバメのリキュールグラス
以前、同シリーズの大きなグラスをご紹介しました。
チュールレースもかわいいですよ♪

今月中旬から下旬にかけてになると思いますが
元気をくれるツバメさんたちにぜひ会いにきてください。