人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

さてさて 一週間続けてまいりました今回の特集
鳥の特集とはいえ セットで出てきたのがお花でしたね。

日本でも花鳥風月という言葉があります。

これは(主に貴族などが)自然の美しさに心打たれて詩を作ったりや絵を描く
という意味で使われ出した言葉ですが
今はもっと広範囲に 自然の美しさという意味で使われるようです。
まあ そうは使いませんが、花鳥風月を愛でる といった使い方です。

洋の東西と問わず
これらのものが昔から変わりなく
どれだけ深く人と関わりあってきたかという証ですね。

寂しい時、悲しい時 人は花に慰められ 鳥の声に元気付けられ
孤独な朝には風に涙を乾かしてもらい
一人の夜には月に思いの丈を聴いて貰ってきました。

最後にご紹介するのは 大きな疵はありますが
店主が一番好きな絵です。


b0283437_17524120.jpg

ツバメはツバメらしく
桜は桜らしく
素敵です。


b0283437_17523778.jpg

b0283437_17523411.jpg


ジャポニズムの影響が出ている絵柄ですが
中国と混同したヘンテコな絵よりも ずっとしっかりした絵で好感が持てます。
疵があっても春を待つこの季節に飾りたいと思います。

b0283437_17523143.jpg

b0283437_17522759.jpg



直径23センチ
がっつりラインとカケが入っておりますが
製造過程で入ったものです。
実用には向きませんが危うさはありません。


b0283437_17522495.jpg



★Gien "MARTINEIS" ご売約 ありがとうございました。



昨日 おやつにうぐいす餅を食べました。
ウグイス色というと 明るいお抹茶色を連想してしまいます。

でも、ご存知の方も多いと思いますが
鶯の色は黄色が燻んだような 暗めの色です。
つまり あの色はメジロの色ですね。

しかし メジロ餅というのも響きが悪いな・・
やっぱ これはうぐいす餅よね などとどうでもいいことを考えながらパクパク・・・


b0283437_20262971.jpg

さて この子は青いけど メジロ? ウグイス?



b0283437_20270230.jpg


b0283437_20265809.jpg

いや この嘴はどうも違う・・・


b0283437_20275327.jpg

咲いてるお花は梅かな 桃かな・・・


b0283437_20282228.jpg

OXFORDというシリーズはツバメの絵柄でしたが
こちらはETON(イートン)です。
(オックスフォード大学はヘンリー2世の時代:12世紀
イートン校はヘンリー6世の時代で15世紀の創設と言われています)


b0283437_20282745.jpg

イギリス名門大学の名と 可愛い鳥たちの関係やいかに?
ご存知の方がいらっしゃいましたら是非教えてくださいね。


b0283437_20281394.jpg


モントロー の単刻印
色も綺麗で状態も良し・・
とても200年近く昔のお皿には見えませんね。

直径24センチ メイン皿です。


★Montereau "ETON" 4,100円 HOLD




今日は日中、セーターを脱いでしまいました;;
桜が3月に咲いてしまう予報が出ています。
この調子だと
5月には梅雨入り、台風もくるんじゃないかと・・・汗

そんなことを知ってか知らずか
今朝もキジバトのご夫婦とスズメさんたちは「ご飯はまだ?」コールを賑やかにしてました。


b0283437_18384936.jpg

H.Boulenger & Cie.Choisy le Roi
1850〜1880年の少し深めのお皿です。


b0283437_18382202.jpg


b0283437_18380540.jpg


b0283437_18380123.jpg


b0283437_18381024.jpg

わずかなインク飛び、版のかすれなどありますがとても綺麗で良いコンディションです。
2枚あり、一枚の中央部にわずかながたつきがあります。

直径23センチ
煮込み料理などスープのあるおかずにぴったりです。


b0283437_18394570.jpg

★H.Boulenger & Cie.Choisy le Roi ”MONTEGNY"
どちらもご売約 ありがとうござました。


b0283437_18232853.jpg


今夜は 昨夜のラブリーな鳩さんと打って変わって
とにかく古い 古い 古〜い お皿



b0283437_18234893.jpg

b0283437_18235326.jpg


石ハゼからできた突いたような穴


b0283437_18241249.jpg

b0283437_18241534.jpg

b0283437_18241896.jpg


カケも染みも堂々と・・・・

でもしっかりしています。
ちゃんと使える状態なのがすごい・・・


b0283437_18245373.jpg

b0283437_18245758.jpg


19世紀末
ベルギー国境の街・リールのお店で販売されていたもの
焼かれた窯はイギリスだと思います。


b0283437_18244794.jpg

直径24センチ
★リールで売られていたとても珍しい鳩のお皿 ご売約 ありがとうございました。


鳩はキリスト教では「聖霊」のシンボルなので
絵画やホーリーカードではよく登場します。

でも 食器となると案外少ないんですね。

と、ここでLongwyらしい とても乙女チックな鳩が・・・

b0283437_17534890.jpg

ゆるく結ばれた細いリボンに どことなく儚げなお花。
わさわさ咲く野辺の花ではなく
お花屋さんで売ってるような(?)丈の高いお花ですね。

b0283437_17533548.jpg

つがいの鳩がガーランドをくわえて
まるで誰かの結婚式の祝宴を彩っているようです。

う〜ん
乙女なお皿ですねぇ・・・

b0283437_17534160.jpg


b0283437_17533819.jpg


同柄のデザート皿とスープ皿
スープ皿はぽこっと深さがあってスープボウルと呼ぶ人もいます。
裏だけに貫入(表層部分)が細かく入っていますが 未使用品です。

b0283437_17534589.jpg

b0283437_17533203.jpg



デザート皿に少し色づきがあり、光にかざすと細い小疵が表面に入っているのがわかります。
こちらは少し使われていたようです。

どちらもヒビやカケのない良いコンディションです。
 スープ用:直径22.5cm リム幅4cm
 デザート:直径21.5cm

★Longwy ”Bergere" <直訳すると女羊飼い>シリーズ
 どちらもご売約 ありがとうございました。


おまけ!
今日は雨の予報が出ていたのですが
日が暮れるまで 暖かい穏やかな晴天に恵まれました。

どんどん暖かくなるのはいいんですが
去年の酷い台風で傷んだ拙宅の屋根・・・
また強い台風が来る前になんとか修繕してもらわなければ・・
(屋根屋さんが足りなくて 全く来てくれない状況・・・)

鳥さんのお宅はどうなんだろうなぁ
嵐の夜は鳥たちは一体どうしてるんだろうと
いつも考えてしまいます・・・
(頑張って強い巣を作ってね・・・!)


b0283437_18280193.jpg


古い 古い 1860年ごろのボルドーのお皿
タイトルは頭の部分が青いホオジロを指す名前になっています。


b0283437_18282958.jpg


b0283437_18283217.jpg

様々な種類の枝葉に しっかり家族や仲間と寄り添うホオジロさんたちです。

b0283437_18291296.jpg


b0283437_18313464.jpg


b0283437_18315575.jpg

b0283437_18320015.jpg

貫入と色着きがあります。
窯疵も見られますが、しっかり作られています。
直径24センチのメイン皿

★Bordeaux ”Becfigues" ご売約

今日 2月22日は にゃんにゃんにゃんと 猫の日。
と同時に
にゃんと! 店主の結婚記念日です!

ぱちぱちぱち・・・(拍手)

あと一週間で3月!
そろそろ「春が待ち遠しい」今日この頃!
というわけで
お皿の中からかわいい鳥さんが春を呼びます。


b0283437_14411466.jpg


b0283437_14411035.jpg


サルグミンヌのファヴォリシリーズから
おなじみの絵柄ですね。


b0283437_14410783.jpg

b0283437_14410366.jpg

b0283437_14405785.jpg


窯疵ですが表裏に響いたラインがあります。
アタリからのヒビではありませんので割れたりする心配はありません。
直径23センチ
★SARREGUEMINES 単刻 FAVORI メイン皿 ご売約

★明晩はボルドー窯の ホオジロのお皿です。

b0283437_21095990.jpg


b0283437_14003256.jpg

「ねえ 聞いた?」



b0283437_14002866.jpg

「明日の夜から私たちの出番だそうですよ」




b0283437_14062639.jpg


いろんな鳥さんが 食卓に春を届けます。

夜の10時ごろ のぞいてみてくださいね。




b0283437_20514773.jpg
© 2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ


「フジコ・ヘミングの時間」はドキュメンタリー映画というジャンルに属していますが
その世界はチャラいフランス映画よりよっぽど見応えのある上質な映画です。
ぼーっと眺めているだけでも、どのカットもきれい。
何も考えずにピアノの音色を聴いているだけでも 心地よい。
そんな「作品」です。

店主、ガラにもなく You Tubeでピアノ曲を聴きますが
芯の残ったタイ米のような音で弾く人、
ちょっとお焦げはあっても トロトロに仕上がったおじやのような音で弾く人。
まあ 好みの分かれるところですが 色々です。
フジコさんの音はやっぱり後者かな。

フジコ・ヘミングさんは 「辛かった時間」を何度も経て
「絶望の向こうには天国しか夢見ることができなかった酷い時間」を経て
今 控えめに光る宝石のような時間を楽しんでいるように見えます。

いわゆる「メジャー」デビューは60歳代。
それまでの険しい道のりを
どんなときも自分の内なるプライドはなくさず、
ピアノと一緒に歩み続けてきました。

しかし今更ですが 職業としてのピアニストって 本当に肉体労働だなぁと思います。
この映画を観ていても 全くその年齢を感じさせないことは嬉しい限り。

そして今更ですが 彼女のドレスやコサージュ、アクセサリーは 本当に素敵です。
ぴったりと寄り添って その才能までを彩っているような・・・。
そしてこの映画の中でそのファッションスタイルが
一番しっくりと馴染んで見えた場所は
19世紀の後半に建てらたパリの古いアパルトマンでした。

彼女はいつもどこかはにかんだように笑います。
もっとあけっぴろげに笑えばいいのに、と思ってしまいます。

でも この映画の中で 最高の笑顔を見ることができました!
それはコンサートツアーから帰って 預けていた愛犬と再会した瞬間の笑顔でした。
あの笑顔を見れば、フジコ・ヘミングさんて、なんか気難しそう と思っている方も
きっと親近感を抱くと思いますよ。^^

フジコさんは絵が上手いことでも有名ですね。
デッサンの狂いは多少あっても 細部の表現力や色彩センスは
子どもの時から並外れていたことが絵日記を見てもわかります。

なので
映画を観終わって 店主の頭に浮かんだのはこのお皿でした。



b0283437_20532192.jpg


古い古いクレイユモントロー
あまり見たことの無いお皿です。



b0283437_20541924.jpg

インクの擦れや流れがありますが 陶工が一枚一枚色付けした絵皿です。



b0283437_20543988.jpg


b0283437_20545905.jpg


b0283437_20550254.jpg

染まりはありますがヒビやカケはありません。
1900年前後
直径22.5センチ

★CREIL MONTEREAU "PARISIEN" ヤフオク出品


b0283437_20554374.jpg


「やっぱり普通に結婚して子どもを育てるのが 幸せだったんじゃないかとも思う」
そう語ったフジコさん。
今の人生でその夢は叶いませんでしたが、
天国ではこんな女神様になって、子どもたちと遊べるかも知れませんね。