人気ブログランキング |

<   2017年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


b0283437_21020693.jpg


今日は朝からずっと気ぜわしくて
夕飯は「得意の」お鍋にしました。

店主の好物、豚バラと白菜をゆずぽんで・・・のパターン。
このお鍋の時は 白ご飯も進む 進む〜〜♪

気疲れもストレスも 少しは和らいだようで、
あとはお風呂で自分が豚バラよろしくお湯ん中・・・♪♪♪

b0283437_21014356.jpg

このスーピエも 何だか丸っこくて和みます。
真っ白ではなく ふんわり柔らかな象牙色です。 
4人用の結構大きなサイズですが、おっとりしていていいですね。

モントロー 19世紀のものと聞きましたが
ダメージなく とてもきれいです。

蓋のふち部分に ぼんやりとゆう抜けがあり、ごく小さなチップがあります。
つまみのイチジク?洋梨?にアタリによる変色

b0283437_21020214.jpg
高台裏に擦れによると思われる黒ずみがあります。


b0283437_21014785.jpg

ほとんど使われていないのだと思います。


b0283437_21015172.jpg

本体の口径22センチ 高さ15.5センチ
蓋をした時の全体の高さ 23センチ


b0283437_21015599.jpg

b0283437_21015877.jpg


★MONTEREAU 柔らかな象牙色のスーピエール
天空舎で販売

b0283437_20464130.jpg

11月も半ばになりました。
そろそろ赤と緑のヒカリモノが巷に溢れてきます。
それに合わせたように
この秋1番の寒波襲来、だそうです。

ここはやっぱり 熱いスープで温まるしかありません。
このデザイン
見覚えのある方も多いでしょう。
18世紀の「幻の」(好きですね この表現)窯、
PONT-AUX-CHOUX(ポントシュー)のスーピエールと同じです。

b0283437_21031432.jpg

本物のポントシューはとても高くて使うのも気が引けますので
ここではGienの「ポントシュー・シリーズ」から。
どっしり大ぶりに感じるかもしれませんが
案外コンパクト(二人用くらい)です。
かすかにジビエ臭が残っているので、重曹で洗ったり、
風通しの良いところに置いて匂いを抜いて実用してください。


b0283437_21025987.jpg

蓋の縁に直しがあります。蓋内側に小さなカケ、
蓋のつまみ(アーティチョークのレリーフ)にゆうハゲやかけがあります。
全体に表層の貫入があります。

b0283437_21030500.jpg

b0283437_21024881.jpg

サルグミンの花リムのシリーズにも似てます?


b0283437_21024240.jpg

内側。
蓋の内側はとても綺麗です。
本体も少し色ずきがありますが、かなり良い状態です。


b0283437_21023321.jpg

b0283437_21022179.jpg

使わなくてもあるだけで なんだか華やぐ感じですね。



本体の口径:内径19.5センチ 外径20.5センチ、高さ11.5センチ 蓋をした全体の高さ:21.5センチ
★ジアン窯 ポントシューシリーズのスーピエール
ご売約 ありがとうございました


b0283437_20072891.jpg


19世紀のChoisy窯、グリザイユの凝った絵柄とレリーフ付の「耳」がチャームポイント。
お一人様スーピエ、ブイヨンボウルと言うんでしょうか。



b0283437_20072255.jpg


b0283437_20071734.jpg


b0283437_20071385.jpg


蓋に染み、内側リムにカケがありますが
本体はほぼダメージらしいものはありません。


b0283437_20070957.jpg
見込みもうっすら染まりが出ていますが
フリものや貫入、疵なく綺麗な状態です。


b0283437_20070429.jpg


b0283437_20070009.jpg


本体口径(外径)12.3センチ 高さ8センチ
高台裏の直径7.5センチ 蓋をした全体の高さ13.3センチほど
★19世紀のグリザイユ 蓋つきブイヨンボウル
ご売約 ありがとうございました



b0283437_17474129.jpg
(C)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

「トランプが(アメリカ合衆国大統領に)選ばれ、ケイシー・アフレックがアカデミー賞(主演男優賞)を取った。
社会として性的暴行は当たり前なのだと公認したも同然」
というコメントが飛び交った前回のアカデミー賞受賞作品「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を観ました。

ケイシー・アフレックは 名前からすぐにわかると思いますがベン・アフレックの弟です。
いい役者だと思うのですが、人間的にはどうよ といった感じらしいです。
良い仕事と年齢を積み重ねて、しっかり落ち着いていただきたいものです。(笑)

今でこそ「声を上げる女性」続出で ハリウッドの伝統的?セクハラ、パワハラが問題になっていますが、
個人的には、洋の東西を問わずこういう業界にこの手の問題はマストのお荷物としてついてくると思っています。
時流に乗り、お国柄もあってスピーディーに制裁がなされている気もしますが
さてその未来は、となると絶滅は無理でしょうね。
悪くするとますます隠れ蓑をまとい、私たちの目には決して見えない形で続くかもしれません。


個人的なことはさておき、この作品は映画としてはかなり好きな作品です。
スラングが少々汚いですが、それも登場人が今置かれている環境をより強調するのに有効に働いていると思います。
映画は一番昔の過去の情景からスタートします。
主人公とその兄、兄の息子 3人で海釣りに行くシーンです。
そして現在と何段階かの過去とを行き来する形で物語は進みます。

ビールばかり飲んで、すぐ暴言を吐いたり、時には暴力を振るう「便利屋」の主人公。
(日本と違って ライフラインのトラブルは修理に日にちがかかり、
早く何とかして欲しい人はとりあえず「便利屋」を呼びます。)
なんてロクデナシな男だろう、と思いますが、
彼は自分とは対照的な温厚で真面目な兄の死によって、突然16歳の甥っ子の「後見人」になることに・・・。
兄の遺言状でそのことが明らかになる時、彼の心から消えない残酷な過去の出来事が観る私たちに明かされます。
(このシーンで流れる 「弦楽とオルガンのためのアダージョ」(アルビノーニ)がとても印象に残ります。)

兄は心臓疾患で、短くはないけれど決っして長くもない「余命宣告」をされていました。
自分に何かあった時、息子は弟に任せる。
それはどんなにロクデナシの呑んだくれであっても、弟の本当の人間性を見抜いていた兄にしかできない判断でした。

映画でありがちな作為のある会話や行動、
身を乗り出すような大展開はありません。
どこにでもいる男と どこにでもいる16歳の男の子
どこに停めたかわからなくなって「凍えそうだ」と二人が逃げ込んだ主人公のオンボロ車は
最初ヒーターをマックスにしてもちっとも温まりません。
けれど 少しずつ 少しずつ 車内が温まり始めるというシーンがあります。
この短いシーンに象徴されているように
二人のごく自然なそっけないくらいの会話のやり取りは
見るものに無理なくほのかな温かさを伝えていくのです。

主人公が 決っして帰りたくなかった街
マンチェスター・バイ・ザ・シー
どこかイギリス風の静かで風格のある街の佇まい。
透き通るように響く音楽と 緩やかな季節の移ろいが、主人公の人生とあまりに対照的に美しいです。

人生には愚かさと苦しみが
マストのお荷物としてついてくるんですね。

今回ちょっとびっくりしたのは、こういう寒い地域での土葬は、
気長に春を待って行う(その間ご遺体は冷凍)ということでした。
ずっと「寒そう」な映画でしたが
こちら日本も、瞬くうちに冬到来です・・・。

b0283437_17502379.jpg

今夜は 小さな小さな一人用のスーピエ。
冬に行きたい南仏のものでしょうか バラとミモザが手書きされています。
ちょっと渋目のバラ色なので 可愛い中にも落ち着きがあります。

b0283437_17504763.jpg

b0283437_17510400.jpg

b0283437_17512067.jpg


高台裏にかけ、蓋に製造過程で修復したような窯疵、本体に貫入があります。
見込みは綺麗です。
十分実用していただけると思います。


b0283437_17515450.jpg

b0283437_17514915.jpg

b0283437_17514556.jpg


口径(内径)10.5センチ (外径)11.5センチ
本体の高さ9センチ 蓋をした全体の高さ15センチ

b0283437_17521877.jpg
★薔薇とミモザの小さなスーピエ
ご売約

b0283437_11264940.jpg

10月は異様な暑さと ひどい雨と
これまたあんまりな台風と・・・

その他諸々
はっと我に帰れば11月

店主はまた1つ歳をとるのでありました・・・涙

なんとなく今、仕事と雑用と煩悩に拘束され
このカードの女性(まあ 私にそっくり)のように
身動き取れない状態になっております
・・・が
今年も、あったかいものが恋しい時期にはスーピエの小特集をと考えています。

しばしお待ちください。