ブログトップ

瑠璃色古雑貨店

<   2017年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ささやかに 幸せに〜3


b0283437_20485210.jpg

今夜は、これまで何度も登場していますね
このニヒルな目つきがかわいい 陶器のツバメオーナメント(壁かざり)です。

大衆的な陶器雑貨なので 窯印のない物が多いです。
こちらはマーストリヒトの物だと聞きました。(詳細は不明です)

普通 3羽〜4羽のセットなので こちらは離れの2羽セット
ヒビカケはありません。

b0283437_20484022.jpg

b0283437_20483677.jpg

b0283437_20484911.jpg


裏の釉がかかっていない箇所に擦れ、
大きな方に釉抜け、指に引っかかる微小な凸部(窯疵)があります。
大きいツバメの翼先端〜先端:15センチ、嘴から尾の先まで12.5センチほど。
写真より やや緑がかった色です。

b0283437_20482412.jpg

★2羽のツバメオーナメント ご売約


それからこちらはちょっと珍しく
巣でひな鳥にごはんをあげるツバメさん


b0283437_20510473.jpg

ちょうど今 あちこちでこんな風景に出逢いますね。


b0283437_20510071.jpg

b0283437_20505775.jpg


b0283437_20533478.jpg


裏に浅いカケがありますが 掛けてしまえば見えません。
ほかはノーダメージです。

長さ14センチくらい。
後ろの穴をフックにかけて飾ります。

b0283437_20505312.jpg

★ひな鳥を育てるツバメオーナメント ご売約




by ruriiro_ameri | 2017-04-30 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(5)

ささやかに 幸せに〜2

b0283437_20440194.jpg


今夜は当店にしてはシックでおすましな雰囲気。
19世紀末の吹きガラス、アールヌーボー様式の優雅な植物とツバメ。
器は透明から白濁、そしてウランガラスのような若葉色に変化するグラデーションガラスです。

b0283437_20435715.jpg

多分かわいい砂糖菓子などを盛りつけて
お茶と一緒に女子会でも開いたときに使われたのでしょうか。


b0283437_20435413.jpg

b0283437_20434866.jpg

b0283437_20434521.jpg

b0283437_20434179.jpg

b0283437_20433784.jpg

気泡がいっぱいの吹きガラスの器の向こう側に
100年以上昔の明るい初夏の陽射しを想います。

外寸で16×12センチ 高さ9.2センチと小ぶりでキュート。
製造過程にできた小疵がありますが気になりません。
短く切ったお花やシダなどでフラワーアレンジに使えば
この季節の最高のおもてなしになりそうですね。

★女子会のガラスコンポート ご売約



by ruriiro_ameri | 2017-04-29 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(0)

ささやかに 幸せに〜1

今年も街のあちこちで
ツバメの夫婦がせっせと巣作りをしています。

人間がどんなばかげた事で騒ごうと
些細なことで怒ろうと
誰が面倒をみる訳でもないのに
燕たちは今年もちゃんと
自分たちの仕事をして
新しい命を育みます。

ツバメを見習って
目を上に向けて 明日もちょっとだけがんばってみましょう・・・



b0283437_18555103.jpg

今夜はツバメと言えばのカフェオレボウルとカップ

これはバドンヴィレーのおなじみのボウルです。
このボウル けっこうラインが入っていたりする事が多いのですが
これはほぼ完品です。
正直 こんなにダメージのないのは滅多にないと思います。

b0283437_18562172.jpg

b0283437_18561860.jpg

b0283437_18561325.jpg

b0283437_18561089.jpg

口径(外径)14.1センチ 高さ8.3センチ
★Badonviller 雲とツバメのボウル ご売約



b0283437_19015681.jpg

このデミタスもバドンヴィレーだと思います。
動きのあるかわいいツバメさんが飛んでます。

b0283437_19015379.jpg

b0283437_19015057.jpg

b0283437_19014726.jpg

b0283437_19014328.jpg

b0283437_19014023.jpg


ペアでどうぞ。
口こぼれ 浅いカケ 釉つきなどがあります。
ヒビはありません。
口径7.5センチ 高さ5.1〜5.2センチ


b0283437_19013542.jpg

★ツバメのデミタスふたつセット ご売約
★明晩はガラスのボンボン入れの予定です。



by ruriiro_ameri | 2017-04-28 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(0)

たくさんの小さな幸せを

束の間の桜の季節が通り抜け
昼間の陽射しに早くも初夏を感じるようになりました。

ちょっと仕事が重なって 更新作業が滞りがちですが
また ぼちぼちとつましく更新したいです。

私事ですが
まる一年間の気持の落ち着かない日々を過ごして
小さな失敗や「残念」はあったものの、
やっと着地点が見えてきた今日この頃です。

人から見れば本当にささやかな事でも、
ふっと安堵して
「ああ よかったなぁ 心配したけれど
何とかなるもんだなぁ・・・」と
幸せな気分になれるだけでも本当にありがたいと思います。

どん!と大きな幸せよりも
小さな幸せがたっくさんあるほうが
人生 穏やかに 楽しく過ごせるような気がしています。


皆様にも、たくさんの 沢山の小さな幸せがありますように。

幸せを運ぶツバメさんの特集、28日からです。
よろしくお願いしますm_ _m

b0283437_20093579.jpg




by ruriiro_ameri | 2017-04-24 22:00 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

誰にでもあったあの頃〜グッバイ、サマー

b0283437_20371144.jpg

14歳の頃 あなたは何に夢中でしたか?
なにかに憧れていましたか?
それともこの作品に出てくる男の子たちのように 何かをしたくて、でも分からなくて、
苛立ったり 泣いてみたり 悶々とした日々を送っていましたか?

「グッバイ、サマー」は「エターナル・サンシャイン」や「僕らのミライへ逆回転」などの作品で
日本でも名前を知っている人の多いミシェル・ゴンドリー監督作品。

女の子のような容姿(美しい!)で友人からからからかわれ、
心に少し病を抱える母の存在の重さや、
漠然とした画家への憧れは持つものの、イマイチうまくいかないダニエル。
そんな彼のクラスに、ある日 ちょっと生意気で、「人生を達観しているかのような?」転校生・テオがやってきます。

明るいテオでしたが 彼の家庭はほぼ崩壊状態。
兄は軍隊に入って実家には戻らず 母は食事の支度すらテオ任せ。しかもやらせておいて文句ばかり。
古物商を営む父は、商売がうまくいかないこともあって、何かにつけてテオに当たり散らす・・・。
なのにテオは好きな機械いじりに自分の居場所を見いだし、どんな時も前を向こうとします。
かっこいい〜〜!
テオ かっこよすぎ!(笑)

「お前の顔なんか見たくもない」
こんなひどい台詞を父親に平気で言わせるのがフランス映画。
「やっぱり家族がいちばん!」に着地しようとするハリウッドとは違います。

それぞれ別の意味で多くの生徒たちとは違うふたり、
いつしかダニエルとテオは、かけがえのない友達になっていました。
そして、売れ残りを捨ててこいと父に命じられた「がらくた集積所」から部品を集めてきて
「夢の車」を作り始めます。これに乗って二人だけで旅に出るんだ・・・。

さあ ふたりの「夢の実現」と「今の息苦しい毎日からの脱出」という
14歳ならではの目標は 達成できるのでしょうか?

他と違う自分の個性を見いだしたい というダニエル
日本人から見れば 十分個性的で素敵なんですよね・・・。

よく「スタンド・バイ・ミー」のフランス版 と言われますが
ちょっと違うと思います。
どこかアンニュイ どこか不条理
でも笑えるし 愛おしい。
好きな映画が一つふえました。
未見の方はぜひご覧ください。
(オバさんはこの少年二人の 美しい顔を鑑賞するだけでも癒されました!)
「アメリ」のオドレイ・トトゥが ダニエルのお母さん役で出演しています。

さて 13.14.15歳
子どもから大人への綱渡りのような過渡期に
何かと傷つきやすくなるのは誰でも同じ。

というわけで こんな薄張りタイプのガラスのポットの美しさに目がいきました。

b0283437_20425300.jpg
18世紀末の吹きガラスポット。


b0283437_20423760.jpg


底に切り離し時のU時型の疵がありますが これは陶器の窯疵同様 ダメージ疵ではありません。

b0283437_20424126.jpg

見込はつるりと綺麗で すぐにでも実用できます。

b0283437_20425707.jpg

手作業による吹きガラス器なので すこし口部分に傾きが見られます。
置いた時のがたつき等もありません。


b0283437_20424944.jpg

b0283437_20424531.jpg

口径7センチ 紐掛け用のリムの口径9センチ
高さ7センチ 底面の直径4.5センチ
★18世紀末の吹きガラスコンフィチュールポット ご売約 ありがとうございました。



by ruriiro_ameri | 2017-04-11 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(1)

よみがえりの春〜イースターに寄せて〜3

b0283437_21172008.jpg


桜が見ごろを迎えています。
お住まいの地域の桜はいかがですか?

昨日は燕の夫婦がせっせと巣作りをしているのをみかけました。

愚痴ったり 不満を言ったりしてるうちに
素敵な季節のナイスショットを見逃してしまいますよ。

さあ 多少の小雨なんか気にしないで
明るい色の服に着替えて 外へ飛び出しましょう・・・


b0283437_21171455.jpg

b0283437_21171032.jpg

b0283437_21170586.jpg

b0283437_21165914.jpg

b0283437_21165410.jpg





このウサギさんも 颯爽と緑の野原を駆けていくようです。
19世紀のお皿と デザート用の低いコンポート
タピストリーに使われていた図柄の写しなんだそうです。



b0283437_21145232.jpg

b0283437_21144273.jpg

b0283437_21143845.jpg

b0283437_21143303.jpg


b0283437_21142666.jpg

b0283437_21142189.jpg


19世紀に活躍したウィリアム・モリスのテキスタイルを連想する図案です。

窯疵や釉つき、貫入による多少の染みはあります。
コンポートは高台裏に素地の修復あとがあります。
どれもヒビはありません。
★19世紀Bordeaux窯 タピストリー図案のウサギ皿(直径21.5センチ)2枚 ご売約済
★19世紀Bordeaux窯 タピストリー図案のウサギコンポチエ(低いタイプ)(直径22.5センチ 高さ4センチ)4,500円

by ruriiro_ameri | 2017-04-10 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(0)

よみがえりの春〜イースターに寄せて〜2

b0283437_20222875.jpg



世界で一番有名なネズミがミッキーマウスなら
世界で一番有名な兎は やっぱりこの子

今夜はイギリスのウサギさん


b0283437_20222227.jpg

小さなポットにクリーマ、小さなちいさなティーボウル(シュガーボウルかな?)
ポットの高さ(蓋込み)10.5センチ ボウルの口径6.5センチ
ままごと食器というにはあまりに贅沢
現にちゃんと使えます!

b0283437_20221812.jpg

50年近く前にイギリス国内限定で販売されたウエッジウッドのチャイルドセットだそうです。
本当だったらここに小さなティーカップ&ソーサーが付くんですが
残念ながら欠損しています。
経年による裏の擦れ程度で、これと言ったダメージはありません。
未使用品です。

b0283437_20221343.jpg

b0283437_20221014.jpg

b0283437_20220602.jpg
★ピーターラビット チャイルドセット ご売約 ありがとうございました。



こちらも50年くらい前のイギリスのスープボウルです。
大きなスープ皿かボウルを使うフランスと違って
イギリスの食器ではよくこのサイズのボウル(深皿)を
スープボウル スープ皿として使います。


b0283437_20215486.jpg


ジビエになっちゃたまらん! と
森の中を駆け抜けるウサギさん。



b0283437_20215067.jpg

回りの焦げ茶色のトランスファもイギリスっぽくて素敵です。
飾り皿としてもおすすめですよ。


b0283437_20213941.jpg

★森のウサギさんスープボウル ご売約 ありがとうございました。



by ruriiro_ameri | 2017-04-09 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(0)

よみがえりの春〜イースターに寄せて〜1


b0283437_21030165.jpg


万物が命の喜びを謳歌する季節 春。
この季節に「イースター」(復活祭)はやってきます。

日本でも最近、クリスマスやハロウィン並みに
なんとか商業ベースに乗せようというもくろみがなされているようですが
ハロウィンがキリスト教のお祭り なんて思ってるうちは
ちょっと無理っぽいなと思ってます。笑

イースターと言えば「蘇りの命」ということで
卵や多産のシンボル・兎が登場しますね。

そこでちょっぴりですが ウサギさんの小特集です。

・・・人の事は批判しながら
しっかり俗っぽく「イースターバニー」小特集をしようという店主。
すみません。



b0283437_21025606.jpg

今夜はチョコレートのモールドです。
この大きい方はベルギーかドイツの物だと思います。


b0283437_21025224.jpg

b0283437_21024547.jpg

b0283437_21024106.jpg


ヨーロッパではコレクターも多く かなり高値で取引されています。
内側の片面に少し錆がでていますが へこみや切れなどのないグッドコンディション。
幅が22センチくらいあります。
★大きなウサギさんモールド ご売約 ありがとうございました。



b0283437_21023055.jpg

b0283437_21022535.jpg


小さい方は片面が失われていますが デコレーション用にはぴったり
こちらはオランダの物。
幅15.5センチ
裏に僅かな錆が出ている程度です。
★片面だけのウサギさんモールド ご売約 ありがとうございました。


キリスト教においてはクリスマスよりこの復活祭の方が
信仰の基本に位置するものです。

イエス・キリストの十字架の死とその蘇りがなければ
そもそもキリスト教信仰は生まれなかったと言っていいのです。

by ruriiro_ameri | 2017-04-08 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(0)

普段着の古物とシネマな日々
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30