人気ブログランキング |

<   2017年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧



b0283437_20185574.jpg

今回もまた地味な特集におつきあいいただき
誠にありがとうございました!

地味・・・といえばモノクロ?
いえいえ 黒は多弁です。

特に古い時代の黒は 何にも動じない貫禄を備えていると思います。

このふたつの黒絵 ふたつとも耳(羽根)つきですが
ひとつはブイヨンボウル もうひとつはお砂糖入れでしょうか。

でもま この際ボウルの仲間に入れるとして・・・

こちらは合併前のサルグミンヌ窯
ほぼ同じ絵柄で彩色された物がありますね。

b0283437_20185237.jpg

b0283437_20180798.jpg

b0283437_20181050.jpg

b0283437_20180181.jpg

見込に製造時にできた穴のような箇所があります。
片面だけなので水は漏れません。
口径11センチ 高さ6.5センチ




b0283437_20184881.jpg

こちらは更に古いカペルマンという窯です。
ボッホの前身 ケラミスと同世代、1840年前後の物になります。


b0283437_20184666.jpg

b0283437_20183850.jpg

b0283437_20175815.jpg



口回りに窯出しのライン、高台にカケなど
かなり年季が入っていますが、ひび割れなどはないのでこちらも水漏れしません。
口径8.9センチ 高さ9センチ

いい味出してる老齢のご夫婦みたいにセット価格にしました。
どうかカップルで大切にしてやってくださいね。
(ふたつでほぼひとつの一般価格です)

★黒絵のとても古いボウルのセット ご売約 ありがとうございました。

b0283437_18070077.jpg


ここ日本では 
春は新しい環境、新しい人間関係が生まれる季節でもあります。

日に日に暖かくなって 気持も前向きになれば
新しい恋も生まれるかな〜
(なんて書いてますが 既に老境に手が届くようになった店主には虚ろな決まり文句でしかない・・・)

すみません。
何が言いたいのかと言うと
「一目惚れ」です。

このボウルふたつ
オランダ・マーストリヒトの古窯 ペトルス・レゴーのスフィンクスマークなんです。
しかも 今まで見た事のない手描きの白鳥さん・・・

これといったヒビもカケもなくて
こんなに古びて こんなにシックな色と絵柄なんですもん。
完全な一目惚れでした。

b0283437_18063669.jpg

b0283437_18063575.jpg

b0283437_18063030.jpg

b0283437_18062911.jpg

緑の方の口径:11.7センチ 高さ7.5センチ




b0283437_18065720.jpg

b0283437_18065353.jpg

b0283437_18064601.jpg

b0283437_18064304.jpg

b0283437_18064059.jpg

紫の方の口径:10.7センチ 高さ6.7センチ

★P.レゴーの白鳥のボウル どちらもご売約 ありがとうございました。

暖かくなると 人々の服装も
明るく軽やかになりますね。

店主も春になったら(ゴムウエストのおばはん)パンツはやめて・・・
ちっとはおしゃれなスカートをはきたいと思うのですが
いやいや まだ腰痛が・・・などと
加齢に伴い おしゃれは二の次三の次です。

せめてボウルは軽やかなステンシルで、というわけで
かわいい洋梨と ちょっと大人っぽいさくらんぼです。


b0283437_14522688.jpg

洋梨の方は窯印がありませんが未使用のようです。

b0283437_14521531.jpg

横にぐるりと見える筋は製造時に素地に入る筋でダメージではありません。
口径15センチ 高さ10センチ

b0283437_14521460.jpg

b0283437_14522071.jpg

b0283437_14522354.jpg




こちらのトリコロールカラーのさくらんぼのボウルはKGリュネビル、1930年頃でしょうか。


b0283437_14521076.jpg

b0283437_14515874.jpg

b0283437_14520664.jpg



わずかなステンシルの薄れ 見込に少しフリモノが見られますがヒビカケなしの美品です。
口径14センチ 高さ7.5センチ


b0283437_14515054.jpg

b0283437_14515001.jpg


★洋梨の大きめボウル ご売約 ありがとうございました。
★K et G.Luneville  さくらんぼのボウル ご売約 ありがとうございました。

卒業式があって 入学試験があって
桜の花芽が動き出しました。

どんな環境にいる人にも
どんな気持でいる人にも
今年も巡ってきたこの季節を空の明るさが 教えてくれます。

アンティーク好きには嬉しい春の到来。
ヨーロッパ各地での蚤の市などが再開されます。
年々入手が困難になっているカフェオレボウルですが
今年もささやかに特集をさせていただきますね。


今夜は19世紀の大きなボウル
トランスファ(転写)に手作業で彩色されています。

b0283437_18524826.jpg

b0283437_18524221.jpg


林檎の花と実のボウルは 以前もご紹介したカイファというお店のキャンペーン商品
ポイントをこんなかわいいボウルと交換してました。

b0283437_18523904.jpg

b0283437_18523588.jpg

b0283437_18523588.jpg
製造時の窯疵や 窯出しのライン 染まりがあります。
使うより飾って楽しみたいボウルなので
古い物好きなら余り気にならないダメージかと思います。
口径15センチ 高さ9センチ ★ご売約



b0283437_18520873.jpg

同じような雰囲気のこのボウルは サンタマン窯
カンパネラ(釣り鐘草)と麦の穂の珍しいボウルです。


b0283437_18520414.jpg
こちらも古いもので、染みやラインなど 画像でご確認ください。
ラインはアタリによるヒビではなく 窯出し時のものです。
強度的にはそれほど不安はありません。


b0283437_18520357.jpg


b0283437_18515867.jpg


b0283437_18515417.jpg


口径15.7センチ 高さ9センチ ★ご売約



・・を 17日から4夜連続でやろうと思っております。

状態の良い素敵なボウル

最近 ますます入手しにくくなって参りました。泣




b0283437_17392230.jpg

お暇でしたらご訪問 よろしくお願いしますm_ _m

★詳しいコンディションなどは更新後にお問い合わせください。

b0283437_17590305.jpg

実家を処分する事になり
いろいろ探したり
あれもこれもと片付けたり。

小5の秋から22歳で結婚するまで
そしてそのあとも
たくさん
お世話になりました。

「忘れないでね」
そう言っているような庭の片隅のすみれの花でした。

この日は3月11日
「忘れませんよ、決して 忘れません」

ふたつの想い出に そう語りかけました。


b0283437_18050800.jpg

古い昭和の家です。
この二階の窓が 私の部屋でした^^



さて!
b0283437_21020466.jpg

朝、陽の光が「もう 春ですよ!」と店主の気持を急かします。

行かなきゃね!
ファーマーズマーケット。

今日の「収穫」はこんな感じです。
全部この街で育った野菜と果物。

入りきれなかったのですが、九条ネギや舞茸、芽キャベツもありました。
黄色くて大きな柑橘は文旦かな? もしかして晩白柚?
(これは抽選会でいただいたんですヨ^^)

b0283437_21005067.jpg

ネーブルはこのあたりでは温州みかんの次に沢山収穫されます。
とにかく大好きな柑橘類が次から次へと登場するので店主は嬉しい悲鳴〜〜


おっと この箱もなかなかいいでしょ?

b0283437_21033220.jpg

1900年代始めに 洗濯で使うでんぷん糊を入れてあった木箱。
猫のマークの物が有名ですね。

こちらの箱は横にラベルが貼られていて
元の持ち主はレースなどの保存箱に使っていたようですよ。


b0283437_21041053.jpg



留め金具は失われていますが、きちんと蓋が閉まるので
リビングで雑誌入れなどに使えます。


b0283437_21035883.jpg


b0283437_21040466.jpg


蓋の内側にえんぴつで落書きのあと
蓋に虫喰いのあと(虫はいません)などありますが
大きすぎず、割れもなく、飴色になった雰囲気が素敵な木箱です。


b0283437_21035562.jpg

b0283437_21035283.jpg

b0283437_21040011.jpg

W32.5センチ D21センチ H18センチ 1.2キロあります。

★レースを仕舞っていた蓋付き木箱 6,500円

「逃げる」2月を追いきれず
3月に突入です・・・

b0283437_18244406.jpg



先般の帰省のおり、亡祖父が私の誕生を祝って買ってくれた雛人形を持ち帰りました。
結婚後も 亡母が「飾ったよ」と電話をくれた段飾り。

あの年だったのか 次の年だったのか・・・

母が一つひとつ 丁寧に和紙でくるみ、袋に入れて箱に仕舞ってくれた
そのままの姿で 人形たちは綺麗な姿を見せてくれました。

年をお召しにならない 綺麗なおひなさま
本当に お久しぶりですね。

b0283437_18263689.jpg

ひな祭りは女の子のお祭り。
なので今夜はガーリーな?スーピエはいかが。

南仏 バルボティーヌのお皿などでおなじみの
サン・クレマン窯の薔薇のスーピエ
2人用くらいのちいさなものです。


b0283437_18312596.jpg

b0283437_18312363.jpg

b0283437_18311840.jpg

b0283437_18311503.jpg

b0283437_18311266.jpg


本体の口径15.5センチ 高さ11センチ
蓋の直径16センチ

はじくとムスチエのような金属音がします。

ほとんどダメージなどはありません。
お雛様のように 大事に飾られていたのかもしれませんね。

★St.Clement 薔薇のスーピエ ご売約 ありがとうございました。