ブログトップ

瑠璃色古雑貨店

<   2016年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

人生の終焉は優しさに包まれて


b0283437_20555552.jpg

映画「ミスター・ホームズ 名探偵最後の事件」
ミッチ・カリンの同名小説を実写化した作品。
ミステリーの要素は薄く、極めて情緒的な演出でのストーリー展開ですが
ホームズの遠い過去と近い過去、そして現在
上手くちりばめられたエピソードが、実に「英国らしく」上品にまとまっています。

映画の「現在」とは 第二次世界大戦が終わってほどなくの頃、
数々の名推理で難事件を解決した名探偵ホームズも、93歳。
イングランド・サセックスの農場で
養蜂と健康食品(アンチエイジングの!)の研究を趣味に
穏やかな暮らしをしています。
(これは『シャーロックホームズ最後の挨拶』に書いてありますね)

ところが そんな彼にはどうしても脳裏からはなれず
悪夢にさえ悩まされる30年前の未解決事件があったのです。
そして同時に、年々老いゆく我が身に抗う日々も・・・。

ホームズが薄れゆく記憶を賢明に繋ぎ合わせ、そこで得た「人の生きる本当の意味」

理詰めで事件の真相に迫り、勝利してきたかに見えた「名探偵」時代は
いったい何に勝利した日々だったのか?
イアン・マッケランの演じていることをさえ忘れさせてくれる名演が光ります。

まあ
占領下の日本、原爆投下直後の広島・・・の描き方は少々難ありです。
「そんなキモノないし!」「いや そんな日本人 いないでしょ」と突っ込みどころ満載ですが・・・
まあ ここはホームズに免じて目を瞑りますか・・・。

ラスト近くでホームズが手紙をしたためるシーンに
こんなインク瓶が登場します。
b0283437_20565306.jpg

ミスター・ホームズにぴったりな ずっしりガラスの重みも懐かしい
プレス吹きガラスのインク瓶です。
b0283437_20564806.jpg


こちらは両方フランスの物です。
エタン製とエボナイト製の蓋で、どちらもヒビやカケはありません。
b0283437_20564419.jpg



b0283437_20564151.jpg



b0283437_20563769.jpg

b0283437_20563421.jpg



底面の直径はエタン製が9センチ エボナイト製は8センチです。
 ★ホームズのインク瓶 どちらも2,400円


by ruriiro_ameri | 2016-10-30 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(0)

乏しきことなし

b0283437_11462693.jpg


昨日の発表会は天候にも恵まれ
(実を言えば 雨で中止にならんかと....思った時もありましたが....汗)
無事に終了しました。

いつも一緒に歌ってくださる82歳のご婦人が
「打ち上げ」の食事会で、若い娘さんのように頬を染めて
「楽しかったです!」と感想をおっしゃるのがすごくうれしいです。

英語の歌詞はカタカナに直したものを見て 毎日 練習されました。
そして覚えてしまうんですよ!! すごい!

一緒に歌うようになってから
彼女の口から「愚痴」を聞いたことがありません。

「乏しきことなし」とは 物やお金が足りていることではなく
こういうことを言うのですね。

昨夜聞いた「新聖歌330番」です。
メロディーはアイリッシュ古謡、ロンドンデリーのうた
よく「ダニー・ボーイ」というタイトルで歌われています。



幸い薄く見ゆる日に
孤独に悩む時に
わが恵みなれに足れりと 静かな声を聞きぬ

さればわれわが目を上げて
 十字架のイエスを仰がん
主よ なが愛を思えば われに乏しきことなしと

愛する者を失いて
望みの消ゆる時に
われ汝を一人にせじと 優しき声を聞きぬ
さればわれ笑みをたたえて
 友なるイエスに応えん
主よ なが愛に生くれば われに乏しきことなしと


by ruriiro_ameri | 2016-10-24 12:05 | なんとなく | Trackback | Comments(4)

キュノで夜更かし〜6

さて
お鍋もおいしかった、手料理も最高!
ほんのり酔って上機嫌。

そろそろ締めのごはん?
渋いお茶もいいなぁ・・・

b0283437_20460795.jpg

b0283437_20460374.jpg

b0283437_20455918.jpg



この二つのボウル、形も大きさも
「お茶碗」と「大きめのお湯飲み」に似ています。

スープ用のボウル パテ用のポットだと思いますが
文字通り 新米炊いて、これで食べたい気がします。


b0283437_20455415.jpg

b0283437_20455161.jpg

b0283437_20454822.jpg


「お茶碗」のほうは口こぼれ(釉はげと削げ)がかなりあります。
見込みにホクロのような釉つき。
未使用だと思われ、大きなダメージはありません。
黒釉の薄い部分の紫もきれいです。

口径13センチ 高さ6.5センチ 重さ284g
★キュノのお茶碗(ボウル) ご売約 ありがとうございました。



b0283437_20454216.jpg
こちらは「お湯のみ」 やはり未使用品です。
すごくつやがある深い焦げ茶、
こんなに小さなサイズのキュノも珍しいですね。

b0283437_20453867.jpg
小さな釉はげ 釉抜けがみられます。
見込に見えるスジは素地のヨレです、ヒビではありません。

口径10センチ 高さ7センチ 重さ213g
★キュノのお茶碗(ボウル)ご売約 ありがとうございました。

b0283437_20453596.jpg

b0283437_20453117.jpg




遅い秋の深まりですが
紅葉前線も東日本まで降りてきました。
夜は徐々に冷え込みが強くなると思います。
油断しないで、暖かくして夜更かししてください。

次の小特集は
「キュノで夜更かし」したくせに
朝は「スープで早起き」です。
早起きして使いたくなるような
一人用のスーピエをいくつかご紹介しますね。

店主、明日は恥ずかしながら恒例の発表会。
参加することに意義がある!
楽しんできます♪


by ruriiro_ameri | 2016-10-22 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(0)

キュノで夜更かし〜5

b0283437_14193449.jpg

お鍋もおいしい
お酒も呑んでいい気分。
あ、そのお料理 ちょっとだけもらえる?

・・・って時に、日本では「銘々皿」「お手塩皿」などの小皿が便利ですが
大きな物ばかりと思ってたフランスにもありました。

b0283437_14193053.jpg

キュノアールの「小皿」
絵柄入りは小さめの物を扱ったことがありますが
無地の物は初めて見ました。


b0283437_14192545.jpg

b0283437_14192132.jpg

b0283437_14191736.jpg

b0283437_14191326.jpg


古いカケが少しありますが お尻の黒釉は磨き上げた漆器のように深い色味。
全体が艶やかで 貫入の入り方も理想的です。

レアなアイテムだけに少し高いのですが
状態がこれだけいいと ずっと長くご愛用いただけると思います。
(売れなきゃ即 自分で使うつもりなのです、すみません)

直径15.5センチ 深さ3.8センチ 280g
★キュノの小皿(美品)ご売約 ありがとうございました。



b0283437_14431050.jpg

さて明晩はこの特集の最後になります。
小さなボウルふたつです。


by ruriiro_ameri | 2016-10-21 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(0)

キュノで夜更かし〜4

おいしい料理が並んだら
おいしいお酒も呑みたいな・・・

という訳で
こちらのカップふたつです。

b0283437_17533061.jpg

実はお酒用です。
北フランス 寒い寒い冬場には
こんな大きなカップでもって、林檎酒(シードル、カルヴァドス)をくい〜っと・・・

くれぐれも呑み過ぎにはご注意を。


b0283437_17532646.jpg

b0283437_17532392.jpg

b0283437_17532015.jpg

b0283437_17531757.jpg

b0283437_17531499.jpg

b0283437_17530531.jpg

b0283437_17525785.jpg

大小 色の濃淡はありますが
コンディションはどちらも良好です。

大きい方は口回りに削げ、浅いカケ、底辺部にチップ
ヒビや見込みの釉剥げはありません。
マグカップサイズ。
口径9センチ 高さ8.7センチ
★大きな焦げ茶のシードルカップ ご売約 ありがとうございました。

中くらいの方は底辺部にチップ、見込に白釉のハゼ跡(釉抜)素地のスジなどありますが
ヒビや大きなカケ、見込みの釉剥げはありません。
コーヒーにぴったりのサイズ。
口径7.5センチ 高さ7.4センチ
★中くらいの明るい茶色のシードルカップ ご売約 ありがとうございました。


b0283437_17533907.jpg
明日はレアな小皿です・・・



by ruriiro_ameri | 2016-10-20 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(1)

キュノで夜更かし〜3

b0283437_15374341.jpg

家族や仲間が集まる食卓に 大きな器は欠かせません。
100年昔のフランス人が このおおきな「鉢」にどんな料理を入れたのかは分かりませんが
まあ秋の煮物が似合いそうな大鉢ではありませんか。
彩りの良いサラダにも良さそうです。

b0283437_15372939.jpg

b0283437_15371945.jpg


b0283437_15371429.jpg

温かいテラコッタの赤みが感じられるキュノです。
白釉が流れたあとや釉はげ、伸びた貫入
鉄釉部分に素地の凹みなども見られます。
(水漏れなどはありません)


b0283437_15370240.jpg


b0283437_15371076.jpg


b0283437_15370620.jpg


窯印なし
19世紀の物だと伺いました。
とても良い状態です。

口径23センチ 高さ10.8センチ 960g
★19世紀 キュノの大鉢 ご売約 ありがとうございました。



b0283437_15365920.jpg


いっぽうこちらは使いやすい中型
クールな印象 青みがかったキュノです。

b0283437_15365596.jpg


b0283437_15365276.jpg


b0283437_15364917.jpg


b0283437_15364506.jpg


b0283437_15363679.jpg

口径17.5センチ 高さ7.8センチ 494g
古いカケがありますが 黒釉の色が漆のように深く、非常につやがあります。
めったにこんな美形の中鉢にはお目にかかれませんので
お好きな方はぜひこの機会に。

★クールで美しいキュノの中鉢 ご売約・ありがとうございます。


b0283437_15363184.jpg
明日は大中シードルカップです・・・








by ruriiro_ameri | 2016-10-19 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(0)

キュノで夜更かし〜2

b0283437_18185209.jpg


お鍋で煮込んで 食卓へはこんなスープ入れに入れて。
珍しいキュノのスーピエ
一人か二人用だと思います。
本体の口径14.5センチ 高さ11センチ
蓋の直径15センチ
895gあります。


b0283437_18185059.jpg

アタリの削げやら釉はげやら

b0283437_18184766.jpg
古いキュノによくある
尖った物があたったような傷
b0283437_18184239.jpg
蓋のつまみがご覧のようにカケています。
怪我をするような触り心地ではありません。


b0283437_18183903.jpg

本体も蓋も
内側はきれいです。

b0283437_18183575.jpg

本体白釉部分に、貫入から出たライン。
蓋の内側に片面のみのラインがあります。
どちらも危うい感じの物ではありません。

b0283437_18183379.jpg


b0283437_18182939.jpg

高台部分はパーフェクトな状態です。
熱いシチューや煮物などを入れて
食卓に供するのにぴったりだと思います。

b0283437_18182415.jpg

何も入れなくてもとても味のある佇まいですね。

★キュノアール(刻印なし)スーピエ ご売約 ありがとうございました。


b0283437_18341788.jpg


明日は大きな鉢と 中くらいの鉢・・・








by ruriiro_ameri | 2016-10-18 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(0)

キュノで夜更かし〜1


長引いた蒸し暑さから いきなり朝晩の肌寒い空気に戸惑います。
と、言いつつも 明日の予想最高気温は「真夏日」
…異常気象にも戸惑いっぱなし。

まあ
気温はどうあれ 確実に日に日に夜明けは遅くなり
夕暮れは早足でやってきます。

秋の夜長は冬ほどまだ寒くなく
だったら夜を楽しもう、という訳で
今夜から特集・キュノで夜更(よふ)かし。

そうそう、気温高めの秋なら
この機に乗じて(?)おでんにビールなんていかが?

日本古来の土鍋は素晴らしいですが、たまにはこんな土鍋で。

b0283437_12061835.jpg

見たまんま 「お鍋」ですね・・・
オルレアンの窯印


b0283437_12060343.jpg
本体の口径(外径)22センチ 本体の高さ12センチ
蓋の直径20センチ
2.2キロの貫禄。
見込は焦げ付きの染まりなどもなくとてもきれいです。

b0283437_12061195.jpg
白釉薬部分の貫入がのびた細いラインが一本。(ヒビではありません。)

b0283437_12061426.jpg
蓋のつまみ部分に古い削げ、周囲の内側にカケがあります。
その他 本体側面に小傷、釉はげや小さなカケなどがあります。
b0283437_12060747.jpg


b0283437_12055982.jpg

しっかり焼き締められた重厚な陶器なので、
それらのダメージにも動じない安心感があります。
おでんが似合いそうです・・・

★オルレアンのおでん両手鍋:ご売約 ありがとうございました。


b0283437_12055369.jpg
 明日は一人用のスーピエです。カケやヒビがありますが なかなかいい雰囲気・・・



by ruriiro_ameri | 2016-10-17 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(2)

主(あるじ)のいない家に

b0283437_18084741.jpg

3年余り続いた遠距離介護生活に ピリオド。
両親揃って 実家から車で30〜40分ほどの場所にある介護付ホームへ入所しました。

この夏の暑さと多雨のおかげで 庭は雑草が「生い茂って」いる状態。
腰痛を気にしながらも なんとか元気に草取りなどしてきました。

あるじがいなくなり
日中も開けられることのなくなった雨戸。
だれも見て 愛でてはくれないけれど
こんなに綺麗に花たちは咲いていました。

一つ肩の荷はおりましたが
何とも寂しい 今年の秋です。

あ、寂しがってばかりはいられませんね。
お天気もやっと秋らしくなって 撮影、更新 がんばりますよん。

by ruriiro_ameri | 2016-10-15 18:18 | なんとなく | Trackback | Comments(4)

面白い・・・しかし汚い・・・

b0283437_18251426.jpg

タランティーノ作品、お好きなほうですか?
食事時に見る作品を作る監督じゃないことだけは確かですが
店主 嫌いじゃありません。
「パルプ・フィクション」以来、たいてい拝見しています。
あまりこのブログ読者向きではないと承知の上で・・・

長い映画です。
前半はちょっと「謎解き」めいたゆっくりとした展開です。
舞台劇を屋外でやってる感じで楽しめました。

一転、後半はノンストップです。
しかも トマトケチャップ、ミートソースを 思い切りぶちまけ状態です。
スプラッタームービーよりひどい有様(笑)。

映画は雪にまみれたキリスト像と
猛吹雪から逃げるように疾走する駅馬車から始まります。
キリスト像はすっかり雪に覆われて 「救い主」の目は塞がれたままです。

こんな荒野にぽつんと建っている「ミニーの紳士洋装店」が
すさまじい惨劇の舞台となります。
この「洋装店」、確かに布地や大きな鏡はありますが 何か変な感じです。
ベッドが置いてあるし、バー有り 雑貨屋あり コーヒーコーナー、ダイニング
何でもありの不思議な「密室」という舞台装置。

登場人物たちは、すべて文字通り憎しみと殺意にまみれた極悪人たち。
交わされる会話といえば、
ほとんどがめちゃくちゃ汚い言葉での「ののしり合い」ですが
これが重要で、とても興味深いのです。
これによって、今まで見えていなかった
それぞれの人物の過去と人格がむき出しになります。
そして全員に共通するキーワードは
「南北戦争」と「人種差別」。

この汚らしい極悪人たちの 醜悪なありさまは
人の心の中にある差別意識そのものの姿なのかもしれません。

あらすじはあってないような感じだし、
決して密室殺人事件と呼べるような物ではないし
ましてやミステリーなんかではありません。
(予告編にだまされないように。)

ただし 登場人物たち、御者の男を除いては 全員が嘘つきなのは確かです。
これから観るつもり(タランティーノ免疫のある方で)なら
南北戦争のことをいろいろ知った上でご覧になると 一層おもしろみが増すと思いました。

さて、「ミニーの紳士洋装店」のバーコーナーには素敵なビール瓶があります。
ストーンウェアの細長い瓶です。
長年探していますが なかなか手に入りません。
b0283437_20114263.jpg

そのかわりといっては何ですが
こんな塩釉のビール瓶も結構いけてませんか?

b0283437_20113757.jpg

b0283437_20113557.jpg

b0283437_20113214.jpg

b0283437_20112429.jpg



窯傷、フリモノはありますが美品です。
イギリスの19世紀のもの。重くてダンディで 良い雰囲気です。

★イギリス19世紀 塩釉ストーンウェアの瓶 ご売約 ありがとうございました。

b0283437_20114000.jpg

b0283437_20112987.jpg

b0283437_20112606.jpg


それからころんと小ぶりの瓶はメルキュール(水銀)を保存した瓶。
高さ12センチ 底の直径5.5センチ
フランスのものらしく、ラベルや底の刻印もしゃれてますね。
水銀はいろいろな工業製品、工芸品に利用されますが 基本「毒」です。
映画でも「毒」が重要な役割を果たします・・・。

フランス ラベル付きストーンウェアの瓶:3500円 HOLD

by ruriiro_ameri | 2016-10-08 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(0)

普段着の古物とシネマな日々