人気ブログランキング |

<   2015年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

b0283437_1893614.jpg


今夜はハロウィン。
カトリックで11月1日が「諸聖人の日」なので、その前夜祭と言う意味と
古代ケルトの「(自然界の)精霊たちが集まる夜」が一緒になり
何故かアメリカで盛大になりました。
(プロテスタントを含むキリスト教徒全般の「お祭り」ではありませんので、
誤解なさらないように・・・)


多神教だった古代ケルトの「庚申さま」みたいなものですが
多神教好きの日本人にも合ってるのかもしれません。

「悪しき物に なんとかおとなしく お立ち去りいただこう」というのが本来の意味。

Treat me ・・・「おい、俺をなんとかもてなせよ、怒らすなよ」
or trick you・・・・「さもなきゃ たぶらかしてひどい目に遭わすぞ」

それがいつの間にか(というか 言いやすい並びに変えられて)「Trick or Treat」になりました。

あと二ヵ月で今年も終わりです。
あなたの心のなかの「邪気・・・嫌な心、暗い気持ち」も
そろそろ来年に向けて
さっぱりと追い払う準備にかかるのがいいかも知れませんね。



先日、自分の娘を保険金目当てに焼死させた罪で無期懲役の判決を受けた二人の方が
20年ぶりに刑の執行が停止され、釈放されました。
当初から自白が疑問視されていました。
20年、と一口に言いますが
いったいどれほどの長い苦しみと悲しみだったでしょうか。

b0283437_21544622.jpg


同じ20年、愛する夫を待ち続けた妻の物語があります。
中国映画「妻への家路」です。
監督はご存知、チャン・イーモウ
主演はその目線だけで見る人に語りかける演技力の持ち主、コン・リーです。
1957年 中国文化大革命の嵐のなか、引き裂かれた夫婦。
あまりに辛い出来事の連続で、心身ともに疲れ果てた妻は
いつしか記憶障害を起こしてしまいます。
こともあろうか、一番逢いたい愛する夫のことが思い出せなくなっていたのです。
帰宅した夫が、誰なのかがわかりません。
夫を想う愛は溢れているのに
夫が見分けられない。
人の愛の半分は記憶がかたち作っているのに
妻には自分の愛する人が目の前に居ても 見えないのです。

来る日も 来る日も
駅で「まだ帰らぬ夫」を待ちわびる妻。
その妻を見守る夫は、留置場で書き溜めた妻への手紙を
来る日も 来る日も 妻の為に読み聞かせます・・・。

「こんにちは」
「ああ、手紙を読んでくれる人ね」

こんな 何でもない会話が胸に滲みます。

恋愛ではない 純化された愛情の形がはっきりと見える気がする作品です。
未見の方は是非ご覧ください。

b0283437_21553322.jpg


恋文は何処の国でも
何れの世でも 人も心を動かすもの。
この丁寧に 作られた木箱は まさに「恋文の為の箱」です。

b0283437_21554534.jpg


たぶん絵心のある紳士が、愛する女性を姫君に例えて描いたのではないでしょうか。
店主、一目惚れの箱でした。

b0283437_2156264.jpg


b0283437_2156067.jpg


b0283437_2156451.jpg


16センチ×25センチ 深さ6センチ
★フランスの恋文の箱 ご売約
明日は恒例、ゴスペル発表会。
野外なので、お天気が気になりますが
予報では晴れ・降水確率0%・・・!

今日のスタジオリハーサルで もうやり終えたような気になってます(やれやれ)。
とにかく明日は気持ち良く、楽しんで
青空を仰ぎながら歌いますね〜

b0283437_21193987.jpg


爽やかな秋の晴天は本当に幸せな気分にしてくれます。
南仏なんて行ったこともないけど
こんなお皿を見ていると
からっと爽やかな日だまりの温もりを感じます。

b0283437_21192990.jpg

どちらも150年近く昔のお皿ですが、
つるりときれいなお皿と
b0283437_21202980.jpg


枯れて貫禄のあるお皿。
b0283437_17555198.jpg


それぞれに良い表情があります。
b0283437_2121188.jpg


b0283437_17554192.jpg


St.UZES、Pichon窯の最古手ではないかとのことです。

b0283437_2121616.jpg

★左:古い南仏の花リム皿:黄色:直径21.5センチ 厚み7ミリ ご売約
★右:古い南仏の花リム皿:枯れた山吹色:直径21センチ 厚み8ミリ ご売約


南仏と言えば おなじみデュルフィ窯のこんな可愛いディネットも・・・
b0283437_21215914.jpg


ままごとと言えどもなかなかの風情。
b0283437_2122462.jpg


ちょうどお手塩皿と豆皿のサイズです。(大きいほうで直径14センチ)
★バター色・デュルフィのディネット皿セット ご売約
b0283437_21294941.jpg


先日、公開中の日本映画「先生と迷い猫」を観ました。

年老いてから妻を亡くした元校長先生(イッセー・尾形)。
実によく「使いこなされた」古い家に住み
妻(もたいまさこ)が好きだったパン屋のクロワッサンを買って仏壇に供えるのが日課です。
人も家も古い(失礼!)わりにはコーヒーはミルで挽いてちゃんとドリップして淹れます。
亡き奥さんもなかなかモダンな方だったようです。

先生は、まじめと言えばまじめだけれど、話はいつもお説教口調で上から目線。
融通は利かないし、自分のことは棚に上げて人を批判・・・
逢えば「校長先生」と、皆会釈はするけど影では悪口さえ言われています。
退職後も、妻亡き後も 毎日規則正しい生活をし、
妻が死んだことはわかっていても、自分の傍らに妻がもう居ないということを極力認めようとしません。

孤独と向き合う勇気が、
先生にはまだないのです・・・。

そんな先生の家にやってくるのは、亡くなった奥さんが可愛がっていた一匹の三毛猫。
近所のあちこちで名前を付けられて ごはんをもらったり、寝床を借りているのら猫です。
「お前がいると 妻が死んだことを思い知らされる」と猫を追い払う先生。
でもなぜか居なくなると、妻の想い出さえが取り上げられたような気になって・・・。

バス停で猫を待つ女子高生のエピソードや
イッセー・尾形さんのややオーバーアクション気味のシーンはちょっとなぁ・・
という気もしますが、伊豆・下田でロケをしたという懐かしい風景と、
可愛いワンコやにゃんこの表情を素直に堪能してください。

この映画は決して「猫好きの為の映画」でもなければ
もちろん「猫の虐待について考える映画」でもありません。

猫は単なるきっかけに過ぎず、
描かれているのは、普通の人間誰もが持っている
いのちを愛おしむ気持ちです。
居て当然だった人(動物)が、ある時から急に居なくなる。
そのとき涙と一緒に溢れ出てくる
命を慈しむ素直な気持ちを描いているのです。

亡くなった奥さんは、先生の記憶の中でのら猫を抱いているシーン以外出てきません。
なのに 先生と奥さんの暮らしがどんなだったか
見終わった私たちはなんとなくわかるような気がします。 


b0283437_21334226.jpg


黒猫がチョウチョに猫パンチ?
夢中で動く物を追いかける猫の様子がユーモラスですね。

b0283437_2132378.jpg


クレイユ・モントロー 晩年期・HBCM窯のディネット(ままごと陶器)

b0283437_2134332.jpg

b0283437_2134032.jpg

b0283437_21335825.jpg

お皿は3枚 どれも完品です。直径12センチ 
★お皿セット ご売約


b0283437_21343337.jpg

b0283437_21343712.jpg

お魚用のオーバル皿とラヴィエのセット オーバル皿の裏にカケとラインがあります。
6.5センチ×11.2センチ 
★オーバル皿&ラヴィエセット ご売約


b0283437_2136029.jpg

b0283437_2136348.jpg

b0283437_21362595.jpg

レリーフに手抜きなし。
飾りたくなるスーピエールとソーシエールのセット
スーピエールの口径:9.6センチ 高さ8センチ
スーピエールの高台にカケがあります。
★スーピエールとソーシエールセット ご売約
b0283437_21264417.jpg

(C)2015「くちびるに歌を」製作委員会 (C)2011中田永一/小学館

テレビドラマ「リーガルハイ!」では
ずっこけ気味の新米弁護士を演じた新垣結衣さんが好演した映画「くちびるに歌を」
原作はアンジェラ・アキさんの「手紙〜拝啓十五の君へ」をもとに書かれた小説です。
長崎・五島の小さな街、
かつてそこの中学を卒業し、天才ピアニストとして活躍していた主人公ユリは
産休で仕事を離れる友人から合唱部の顧問代理を頼まれます。
全てがつまらなさそうで、何に興味がある訳でもない
「ふてくされた抜け殻」のようなユリ・・・
携帯電話に残された恋人からとおぼしきメーッセージを聞いては、いっそう表情を曇らせます。
あとになってわかるのですが
そのメッセージはユリの人生を180度変えた ある悲しい出来事へと繋がっていたのでした。

「先生 ピアノ 弾いて」とあどけない表情でユリに演奏をねだる合唱部の生徒たち。
ところがユリの答えは「私の演奏はこんなへたくそな合唱部の為にするもんじゃない」。

コンクール出場も決まっているのに こんな状態で合唱部はだいじょうぶなんでしょうか?

小さな子どもなら、いやだ 苦しい と泣けばいいのです。
大人なら対策を講じて行動するでしょう。
でもこの15歳という 大人でも子どもでもない時期の気持ちはどこへ持っていけば良いんだろう・・・

生まれて初めて自我と向き合うのもこの時期です。
誰もが「何の為に自分は居るのか」と問いかけます。

生徒たちの何気ない日常にまぎれた、不条理や切ない出来事が、
ユリの心の傷の癒しとともに、美しい歌声に乗せて淡々と描かれます。

生徒たちのそれぞれの悩みと悲しみ
そしてこれから大人への道を歩む彼らのしなやかな優しさに胸が熱くなりました。

ラストの「フラッシュモブ」的な演出も、冒頭に伏線があったこともあり
まったく違和感なく楽しめ、感動しました。
暫く大きな声で歌ったことのなかったあなた、
是非ご覧くださいね。

b0283437_21343956.jpg


テーマになってる「手紙」の歌詞の最後は
拝啓 この手紙
読んでいるあなたが
幸せなことを祈ります


フランスで あなたに幸せが訪れますように、という意味をもつ鈴蘭と燕
ダブルであなたの幸せを・・・!
★幸せ2倍!鈴蘭とツバメのピシェと絵はがきのセット ご売約

b0283437_21353273.jpg

b0283437_21352033.jpg

b0283437_21352321.jpg


ディゴワンサルグミンヌ 1930年前後 口に強度に差し支えのない細いラインが1本
カケ、目立つ染まりもありません。

b0283437_21352678.jpg

b0283437_21353872.jpg


口径6.8センチ 底面の直径9.5センチ 高さ13.5センチ
絵はがきは染みが出ていますが金彩も残っていて色鮮やかです。
13.8センチ×8.7センチ


b0283437_21392590.jpg

b0283437_21404244.jpg


こちらはおなじみのバドンビレーのボウル
b0283437_21405635.jpg


小ぶりで色滲みのない、未使用品。内側だけのヘアライン(3センチ)。
口径12センチ 高さ7.3センチ

b0283437_21392733.jpg

状態の良いボウルをお探しの方におすすめです。
★バドンビレー青い燕のボウル ご売約
b0283437_20553587.jpg


今年のアカデミー作品賞など、4部門受賞に輝いた「バードマン・あるいは無知がもたらす予期せぬ奇跡」をご覧になりましたか?

かつて「バードマン」というスーパーヒーロー役が当たり、
大スターとしての地位を確保したはずだったリーガン(マイケル・キートン)。
ところがありがちな話ですが、その後の役に恵まれず、
これといってヒットした作品とてなく、
今ではすっかり落ち目の俳優になっていました。
彼は今、ひとつの舞台劇に再起をかけて全力投入中でした。
カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」という、少々難解な原作。
これを彼自身が演出し、主演し、ブロードウェイで上演するのです。

ところが自己主張が鬩ぎあうリハーサルの最中、主要な役者がケガをして降板。
代役として現れたのは人気俳優のマイク(エドワード・ノートン)でした。

リーガンの妄想とも幻覚ともつかないシーンと、現実のシーンが入れ替わり立ち代わりします。
速いテンポと、早口の台詞、迷路のような劇場内を歩くリーガンの目線を長回しで撮影。
この手の作品を見慣れている方(ミニシアター好きが多い)ならぐいぐい引き込まれます。

店主はこの作品がアカデミーを穫ったという「偏見」をもって(=まったく期待せずに)観たのですが
良い意味で期待を裏切られ、ラストで大満足した面白い作品!という感想です。

はっきり好みが分かれる作品なので、断言的なことは申しません。
未見の方はぜひ「期待せずに」観てください(笑)。

さっき申しましたラストシーンですが
これが案の定、観た人の感想が分かれるツボとなっています。

ネタバレになるので書きませんが
店主が一番気になったのは娘が持って来た花束の存在です。
「ライラック」の花束なのです。
しかも画面でやたら造花っぽい花束として登場します。

あんなに娘に尊敬されていなかったリーガンが、なぜ急に父娘の絆を深めてるのか?
あんなに喧嘩ばかりで、そりの合わなかったプロデューサーに なぜ急に「大切な親友」と呼ばれるのか?
・・・・そこで気になるライラックを花言葉を調べてみると「思い出」・・・・。
ああ。そうだったのか・・・・
と気づくか否かでこの作品に対する評価ががらりと変わるような気がします。

b0283437_2133575.jpg


ライラックはフランスではリラと呼ばれます。
香りがよく、高価な石けんにも香り付けに使われたようです。

b0283437_214486.jpg


このティン缶、非常に古い手法で作られています。
b0283437_2142536.jpg

b0283437_2142784.jpg


1880年〜1910年頃と思われます。
これだけ古いとさびや変色が多いものですが、これはご覧のようにかなり良い状態を保っています。
b0283437_2143078.jpg

b0283437_2143279.jpg

接着部に少し浮きが出ています。開閉は問題なく出来ます。
内部はとても綺麗です。

b0283437_2135494.jpg

b0283437_2135779.jpg



19.5センチ×9.5センチ 高さ4.5センチ
★とても古くて華麗なリラの石けん缶 ご売約
今日は本当に絵に描いたような秋晴れでした。
ちょっと買物に出かけて
車窓からちらりと見えた
紅葉しかけた木の葉と青空の対比の美しさ。
小さな宝物を見たように感じる一瞬でもあります。

小さな宝物 といえば
小さなボウルも 可愛いですよね。

瑠璃色古雑貨店・恒例「カフェオレボウルまつり」は
こんなちいさなちいさなボウルで閉じたい思います。

b0283437_20341969.jpg


日本ならさしずめ今日のような秋晴れの草原・・・
ひた駆ける馬のステンシル。
人馬一体という感じで草原を駆け
雲の間からは高い青空が。

b0283437_20344423.jpg


b0283437_20344187.jpg


こんな小さなボウルの中に 
こんな単純な輪郭で
見事な一瞬を切り取っていると思います。

b0283437_20344676.jpg


b0283437_20345196.jpg



ヒビと古い陶器によく見られるピンホールがあります。
それぞれから染まりが広がっている感じです。

b0283437_20344827.jpg


そんなコンディションではありますが、とても魅力的なレアなボウルです。
 KGリュネビル窯 1900年前後。口径9センチ 高さ5.7センチ
★草原を走る馬のプチボウル ご売約

そして最後は日本で言えば来月の「七五三」的なカトリックのお祝い事
プルミエ・コムニオンのボウル。

b0283437_20354997.jpg


Joseph君のためのお祝いに作られたボウルです。
スタンプと手描きで、薄紫とチョコレート色の花に、押さえたオリーブグリーンの葉
口には明るいエメラルドグリーンのライン。
とてもセンスの良いご両親だったのではないでしょうか^^

b0283437_20453093.jpg


見込みに黒っぽい釉付き 口にごく小さなチップがあるだけで
とても良いコンディションです。

b0283437_2045487.jpg


b0283437_20455150.jpg


1930年頃。口径8.5センチ 高さ5.3センチ
窯印はありません。
★神に祝福されたJoseph君のボウル ご売約
カフェオレボウルをいろいろ集めている方なら
一度は出逢って「あら、きれい!」と思う「モロッコ」と呼ばれるデザインがあります。

天文学に長けていたイスラムの文様らしく
月や星が憎らしいほど洗練されたデザインにアレンジされていたり
シルクロードを渡った「アラベスク」や
日本の家紋に通じるような植物文様にも心惹かれます。

b0283437_20371580.jpg


今夜ご紹介するふたつのモロッコボウル。
ひとつは先に申し上げたイスラムっぽさから一歩ヨーロッパよりに傾いたデザイン
俗に「レース柄」と呼ばれるパターンです。
女子力のある人気の柄・・・・
内側の口沿いに染まりがありますが、僅かな版ずれと窯傷程度の美品です。
b0283437_20424887.jpg

↑左がレース柄、右はNIMY窯

口径15センチ 高さ8.2センチの大きなサイズです。 278g
b0283437_20373099.jpg

★レースのモロッコ柄ボウル ご売約

そしてもう一つは なんと珍しい!
ベルギー・NIMY窯の多色モロッコボウルです。
b0283437_20422223.jpg


b0283437_20424366.jpg


b0283437_20424679.jpg

↑左はレース柄、右がNIMY窯
こちらも銀彩の掠れや高台裏のニュウの色づき(釉薬の下です)、僅かな砂飛び程度の美品。
口径14.3センチ 高さ8センチ 364g
ぽってりした古い陶器の温もりがあります。
★NIMYのモロッコボウル ご売約

明日は最終夜
北海道に次いで
本州でも紅葉の便りが続々と届き始めました。

b0283437_1754636.jpg

この紅葉色のボウル。

b0283437_17544328.jpg

こちらはボショワール、ぼかしのステンシルがすてきなパピヨン。
ディゴワンサルグミンヌですが、滅多に見ない珍しいボウルです。
時代なりの染まりがありますが、飾るぶんには問題なしと思います。

使う場合は、ちょっと気がかりなダメージがあります。

b0283437_1755283.jpg

b0283437_1755474.jpg

b0283437_17561897.jpg

右がパピヨンのボウルです。
「埋まった」かんじで、水滲みもしませんでしたがご覧のような大小ふたつヒビがあります。
古さに寛容なボウルファンのもとで、余生を過ごさせてやりたい店主です。

★紅葉色・パピヨンのボウル
口径:13.7センチ 高さ:7.8センチ
ご売約


b0283437_17554492.jpg

b0283437_17555974.jpg


こちらの大きなボウルはジョワジー・ル・ロア
金彩はかなり落ちていますが、窯傷程度の美人さん。
こちらもかなりレアなボウルで、状態がいいので高いですが
大人の華やかさを愛するボウルファンのもとで、気品高く過ごさせてやりたい店主です。

b0283437_17562073.jpg

↑左のラインのようなスジは映りこみです。

★紅葉色・落ち着いたリリスのボウル
口径:16センチ 高さ:9.5センチ
ご売約

b0283437_17573961.jpg

b0283437_21165168.jpg


プロ野球ファンならご存知だと思います。
9月12日の阪神vs広島戦
延長12回表・広島 田中選手の「幻のホームラン」・・・・

あれがホームランだと判定されていたら
首の皮一枚で繋がってクライマックスシリーズに進出したのは
阪神ではなく 広島カープだったのです。

でもゲームは審判のジャッジが全て。
いろいろな状況で どのチームも必ず同じような立場になるので、
「ひどすぎる誤審」だったかも知れませんが、致し方ありません。

b0283437_21171599.jpg


古い陶器にとってヒビやカケも致し方ないものです。
こんなヒビやカケも、「よく働いてきたね〜」と愛でてやってください。

b0283437_21173256.jpg


b0283437_21172993.jpg


どちらもディスプレーするぶんには全く問題なく
カケを金継ぎなどして 実用にも。
見込みのつや、金彩・銀彩が褪せて使用感はありますが
まだまだ表側のつやがあって釉薬の発色も美しいです。

★ディゴワンの風車のボウル:口径14センチ 高さ7.5センチ
口に古い大きなカケ 2センチと1センチほどの細いライン。
2センチのラインはわずかに表にも響いています。
水漏れはありませんでした。
 ご売約
b0283437_21174729.jpg

b0283437_2117494.jpg

b0283437_21175584.jpg


★無刻印 ねじりレリーフに小花:口径13.5センチ 高さ7.5センチ
高台に新しいカケ  窯傷 染まり
口に1.5センチほどの細いライン。
表にもうっすら響いていますが水漏れはありませんでした。
ご売約
b0283437_21182454.jpg

b0283437_21182116.jpg

b0283437_2118262.jpg


★明日は都合により更新はお休みです。
週末から紅葉色のボウル、希少なプチボウルをご紹介します。