ブログトップ

瑠璃色古雑貨店

<   2015年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

9月も終わりに

・・・近づきました。
今年の9月は
とにかく大雨の記憶ばかりが残る月になりました。

今日も湿度が高くて ムシムシした感じでしたが
夜は少しずつ晴れて
中秋の名月が見られそうです・・・。

b0283437_18224241.jpg



写真は月の出の前の黄昏時
おなじみ マジックアワーのワンショット。

棚の中の「お宝」でお気に入りがあるといいんですが・・・
少しずつ この秋からご紹介していきますね。

b0283437_18224673.jpg

by ruriiro_ameri | 2015-09-27 18:23 | なんとなく | Trackback | Comments(0)

思いでを繕い 人生を裁ち進む

b0283437_20382179.jpg

(C)2015 池辺葵/講談社・「繕い裁つ人」製作委員会

この春、ミニシアターで観た日本映画「繕(つくろ)い 裁(た)つ人」をDVDでもう一度観ました。
これもコミックの実写映画化作品ですが、
重厚感のあるセットと、実力派のキャストが作品に厚みを持たせてくれています。
神戸港を見おろす閑静な住宅地に かわいいミシンの看板が揺れる「南洋裁店」があります。
近隣の人たちの人生そのものをデザインし、
世界で一つだけの洋服を仕立てた祖母が始めたお店です。
その手仕事の技を継いだのは孫娘・市江(中谷美紀)。

彼女自身のデザインも 長年温めてはいるものの
なかなか表に出そうとしません。
神戸市街の大手デパートから、熱心にブランド化の提案をされても彼女は興味なし。
あくまで祖母が昔作った洋服を繕い、
あるいは仕立て直し、
常連客に喜んでもらうことに生き甲斐を感じる市江でした。

でも、ある日
デパートの営業マン藤井(三浦貴大)が言った一言
「あなたは本当はおばあさんの服じゃない、自分自身がデザインした服を作りたいと思ってる」という言葉が、
彼女の心に突き刺さります……。

祖母の魔法のような才能によって
いろいろな人の人生に寄り添い そのひとを最高に美しく飾り その人生までを映えさせてきた洋服。
たしかにそれは永遠に続く人生のように「魔法」だけれど
わたしが自分の今を裁つときが来たっておかしくないはず。
わたしがその人の為に 新たに糸を針に通す事だって きっとできるはず。
市江は藤井の生き方と出逢うことによって
祖母の仕事を「繕う」人から
自分で生地を「裁つ」人へ。
ゆっくりと羽ばたいていくのでした……。

b0283437_20394669.jpg


市江さんが暮らし 仕事をするお家は歴史があって素敵です。
でも家のことは母親にまかせっきりで、
彼女の朝はいつも遅いのです。
そしてまずは紅茶を淹れますが、家事には不慣れ
おまけに寝ぼけ眼で、上手く淹れられません。

市江さん、これくらい大振りのカップで濃いお茶を飲まないと目が覚めないかも。

b0283437_2040662.jpg


b0283437_20403835.jpg

b0283437_20403658.jpg

b0283437_20403340.jpg


★市江さんのプティジュネ・ボルドー窯のカップ ご売約
口径10.5センチ 高さ7センチ
全体に細かな貫入と染まり 釉付き、削げがありますが大きなダメージはありません。


上手く美味しくお茶が淹れられるということは、
どれだけ自分と周りの人との関わりを理解できているかのバロメーターでもあるんですね。
誰かの為に丁寧に美味しいお茶を淹れる。
なかなか年季が入らなければできません(笑)

b0283437_20412847.jpg


年季といえば こちらは古さもエレガントさも満点のソーサー付きデミタスです。
口径6.7センチ 高さ6.5センチ ソーサーの直径:13.2センチ

b0283437_20414231.jpg

b0283437_20414443.jpg

b0283437_20413964.jpg


★二ミー窯・エーデルワイスのC&S  ご売約
by ruriiro_ameri | 2015-09-23 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(2)

ちいさな秋の収穫祭〜4

b0283437_11544695.jpg


今は学校も「大人の事情」で
いきなり春に修学旅行(サラリーマンなみに研修旅行という学校も)
紫外線バリバリの5月に運動会、なんて多いですが

いやいや
やっぱり運動会や遠足は秋だろ!!!
と強く言いたい店主です。

昨夜の青切りみかんと並んで、
運動会・遠足の「スペシャルメニュー」に輝くのはこれです。
栗!

b0283437_13515819.jpg


まだお高い和栗ですが、ちょっと奮発して 和栗の焼き栗です。
アメリ嬢が、香りを嗅いだだけで大興奮して台所を疾走しておりましたが
甘すぎず 食べ出すととまらない・・・・

b0283437_13523460.jpg

色が「秋」「栗」まんまの南仏雑器
ラヴィエはピションぽいですが 窯印はありません。
お抹茶碗サイズのフェセルも
素朴なつくりとしっかりかかった釉薬で、採れたて・ゆでたて・焼きたての栗にぴったり。

b0283437_13523695.jpg

ラヴィエは高台部分にヒビが2本、窯傷、釉はげ、カトラリー痕、チップなど小傷があります。
ヒビは一つは窯出し時、一つはちいさなカケから生じたようです。
しっかりした作りなので危うさは全くありません。
ラヴィエ:23.2×15.9センチ 高さ3センチ
飴釉フェセル:口径10センチ 高さ6.4センチ

b0283437_13521162.jpg

★焼き栗を食べる為の南仏セット ご売約
by ruriiro_ameri | 2015-09-18 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(3)

ちいさな秋の収穫祭〜3

b0283437_20463822.jpg


我が家は柑橘類好き。
でも みかんは今の季節
この「早生・青切りみかん」しか食べないんです。

b0283437_20461881.jpg


昔はかなり酸っぱかったですが
イマドキの青切りみかんは けっこう甘くて食べやすくなってます。

硬めの皮を剥いた時
広がるあの香り・・・

店主と同じくらいのトシの方なら
「運動会」を思い出すはず・・・・笑

b0283437_20465721.jpg


最古手の南仏ユゼズ窯

b0283437_2047221.jpg

b0283437_20493754.jpg


古いカケ、ライン、削げがありますが、びくともしません。
この先も大いに活躍してくれる中鉢です。

b0283437_20471447.jpg


19世紀初頭
UZES GARD(ガール県)の刻印
直径21センチ 深さ7.5センチ 730gあります。
黄釉が枯れたのか
ベージュが色づいたのか
存在感抜群の素敵な古さです。

★秋色・とても古い南仏の中鉢 ご売約
by ruriiro_ameri | 2015-09-17 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(2)

ちいさな秋の収穫祭〜2

b0283437_20574457.jpg


葡萄つながりで
今夜はとても古いお皿を二枚。


こちらの朽ちかけた神殿の装飾のような葡萄。
スイスとの国境近く、フランスDoubs(ドゥズ)という県で作られたお皿。

b0283437_205846.jpg

b0283437_2058797.jpg


なんとなく南仏っぽい風情ですが
ぶどうのレリーフが実に繊細ですね。


b0283437_2058912.jpg


全体にきれいに貫入が入っています。
古いチップがあります。
葡萄のみの凸部分の削げ、釉はげ、また古手の陶器によく見られる「虫食い」(黒っぽい小穴)があります。

b0283437_2121346.jpg


窯印(刻印、スタンプ両方)があるのですが、よく読み取れません。
時代は1840〜60年くらい(窯印が読み取れず、詳細は不明)
飾りたくなるような、味のある古陶です。
直径21.1センチ
ヒビはありません。
★Doubsの古陶・葡萄レリーフ皿 ご売約

それからこちらは店主が一目惚れした小皿。
b0283437_2125988.jpg


クレイユモントロー窯
藍の葡萄プリント。
b0283437_21256100.jpg

b0283437_2125130.jpg


図柄のタッチと「古び具合」(?)が 絶妙・・・・。
時代を経た古いカケ、貫入、染まりなどなど。
ヒビはありません。
ソーサーだと思うのですが、
じゃあ このカップはどんなに素敵だろうかと
妄想が膨らみます(笑)

b0283437_2124871.jpg


漂白などせず ぜひこの風合いを楽しんでいただきたいと思います。
直径12.1センチ
★クレイユ・モントロー藍の葡萄小皿 ご売約

平和憲法の死ぬ夜
by ruriiro_ameri | 2015-09-16 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(2)

ちいさな秋の収穫祭〜1

b0283437_20523275.jpg


8月のあまりの暑さに 庭仕事どころではなかった店主。
葡萄の木も 7月までは肥料をやったり、実に袋掛けしたりしたものの
あの 猛烈猛暑でほぼ「育児放棄」状態に・・・

なのに
なのに
けなげにも こんなちゃんとした実を実らせてくれました。
これが あなた
めっちゃ甘い〜〜〜〜っ
(無農薬なので皮ごといけちゃうんですが、
さすがに消化不良を起こすのでちゃんと皮はとって食べました。)

朝晩、秋の空気が地上を覆いはじめましたね。
まだ「秋本番」ではありませんが
秋の走りの小特集とまいりましょう。

b0283437_219430.jpg


吹きガラスのコンポチエ
完品です。

b0283437_2191856.jpg


プレスガラスや現代のガラスでは出せない
重みとしっとり感のあるガラスです。
透明なのに、とろみというか 深みを感じます。

b0283437_219061.jpg


重厚なミラーやデコフレームといっしょに
アクセサリーやドライフラワーをのせて・・・
大人のインテリアを楽しんでみてもいいですね。
直径23センチ 高さ15センチ 740g

★フランス 1930年前後 吹きガラスのコンポチエ ご売約

b0283437_2185572.jpg

by ruriiro_ameri | 2015-09-15 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(2)

ENJOY MUSIC!

b0283437_2042292.jpg


来月末に控えたイベントのためのゴスペルの練習をしました。
あとピアノ、サックスフォン、ベース、
コーラスの美女(あ、店主以外のね)の方もいらっしゃるんですが
今日は上手く撮影できず。

次回、ご紹介できるかな?
真ん中の将来のアイドル歌手は、右のドラム担当の方のお嬢さん。
今日は飛び入りでキーボードとダンスで参加。

ほんっとに
若いっていいわぁ・・・・・

店主は相変わらず 音は外すし 声は出ないし。
ま、「いつのどおり」でした。
すんません・・・

★お知らせ★
先月から来月にかけての売り上げの一部を
台風18号災害義援金・救援金に募金させていただきます。


by ruriiro_ameri | 2015-09-12 20:46 | なんとなく | Trackback | Comments(0)

ご心配をおかけしました


b0283437_18234578.jpg


えっ
全国ニュースのトップやん!

少々 驚きを隠せない店主でしたが
テレビで豪雨被害のニュースを見てお気遣いいただきました皆様。
本当にありがとうございました。

幸い店主の拙宅は高台の地域にあり、
被害も出ずに済みました。
感謝です。

あらためて自然災害の怖さを感じます。
なにかあってからではパニクっちゃってダメなので、
普段から、ちゃんと頭の中に「災害時の行動順序」を入れておかねばなりませんね。

明日にはお待ちいただいているお客様の荷物も
すべて発送の予定です!
ほんとうに申し訳有りませんでした。

午後、久しぶりに見た青空が嬉しかった〜〜〜涙
「青空に 乾杯」と ゆっくりお茶をいただきました。

又更新がんばりまーーす ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
by ruriiro_ameri | 2015-09-09 18:28 | お知らせ | Trackback | Comments(4)

発送の遅れにつきまして


b0283437_10564912.jpg


いつもご覧戴き、ほんとうにありがとうございます。
いくつか 発送業務があるのですが、
一昨日来の豪雨、明日にかけては台風の接近などで、
なかなか思うように外出ができません。

恐れ入りますが、今暫くお待ちいただけますよう
よろしくお願いいたします。


今日もこのあたりは朝から警報がばんばん出て
学校も給食食べたら下校だそうです。
川沿いの地区は避難勧告出たし・・・
ルルドのマリア様にでもお祈りをしたい気分です。
はやく秋晴れの空をお与えください〜〜〜〜!
by ruriiro_ameri | 2015-09-08 10:57 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

9月です

さて 9月になりました。

プロ野球ペナントレースはそろそろ佳境・・・

東からやってくるハリケーン出身?の台風が心配・・・

店主のゴスペル、英語の歌詞はちゃんと頭に入ってんのか?

悩みは尽きませんが 季節の変わり目
体調管理をしっかりと。

b0283437_1562141.jpg



リフレッシュも忘れずに。
ということで
これは最近重宝しているエタジェール・・・要は小っこい棚です。
二段のコンパクトなのが我が家にはお似合い。

マイカップ置きにして、その日の気分で??コーヒーを飲んでおります。
なかなかかわいいでしょ?

★上段のサキソニー風デミタス(クレイユ)とかもめのプチボウル(バドンビレー)はお買い上げいただきました。ありがとうございました。
by ruriiro_ameri | 2015-09-02 22:00 | なんとなく | Trackback | Comments(0)

普段着の古物とシネマな日々