明日から5月


b0283437_21223073.jpg


世の中はGWですね・・・。
・・・などと またひがみっぽい言い方になってる
(すみません〜〜このところちょっとテンション下がり気味・・・)店主ですが

皆様 無事故で楽しい連休をお過ごしくださいね。

で、めずらしく5月の更新予定などを。

5月といえば やっぱ スズランかなぁ てなことで
スズランの銀製ピルケース

そろそろ暑い日も出てくるから すっきりいこか
てなことで 白いクレイユモントロー、

あと 久々に黒絵のお皿とかボウル&ソーサー、
その他
にぎやかなお花やニワトリなどのボウル です。

どうぞよろしくお願いします。

★画像の(5月らしい)緑のデミジョンボトルは
もう嫁ぎ先が決まっていますが、爽やかで可愛いくて。
ちょっと見せびらかしております。

by ruriiro_ameri | 2015-04-30 21:26 | なんとなく | Trackback | Comments(2)

春の風 爽やかに

b0283437_2135376.jpg


素敵な画像でしょう?
インテリア雑誌の1ページ?

実はお客様からお送りいただいた写真の一部でして
当店でお買い上げいただいた食器も。
優しい花の香りと 柔らかな陽光、
爽やかな春の風が通り過ぎていくようです。

M様 本当にありがとうございました!

春の風といえば
このところ、ようやく春らしい快適な天候が続いています。
コートなしで歩ける開放感を感じている方も多いのではないでしょうか。

来週末から五月です。
梅雨入り前の貴重な時期、
たとえ忙しくても
悩みや悲しい事があっても
お天気のいい日は空を見上げて風を感じましょう!

足下を見ても自分の暗い影しか見えず
自分の回りには「いやなこと」が壁のように高く積まれていても
上を見れば すべての人の上に等しく春の空は広がっています。

b0283437_2113894.jpg


五月は「風薫る」といいますね。
新緑を抜けて吹き渡る 緑の風を連想させるモロッコ柄のボウルです。

b0283437_2135052.jpg

名前は「RIAD」 (モロッコのリヤド)ペルシア文字も書かれています。

b0283437_21351189.jpg


モロッコ柄のカフェオレボウルはたくさんありますが
こちらのボウルは とても古い手です。
直径14.8センチ 高さ8センチ
厚みがあってどっしりしています。

b0283437_21351486.jpg


内側に砂付きから生じた窯傷(つぶつぶした凹凸と一つえぐれたような凹み、そこから染まりが広がっています)、外側に擦れたような釉抜け、版ずれなどがあります。
高台底に釉薬の下の生地縒れのラインがありますが、ダメージではありません。

古さも 味わいも合格点!のモロッコボウルです。

b0283437_2135193.jpg


★ディゴワン? 古いモロッコ柄のボウル(RIAD)  ご売約

b0283437_21342526.jpg

こちら リヤドのホテルですが
上の方にありますね、ボウルの柄の雰囲気漂うアーチ。

by ruriiro_ameri | 2015-04-26 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(0)

無限大の愛と机上の理論

b0283437_1150157.jpg


アインシュタインの相対性理論って知ってますか?
名前だけは知っている、という方も多いと思いますが
店主もそうでして、せいぜい
「光速で宇宙を旅する宇宙飛行士は歳をとらないっていう仮説」ていどの認識でした。

今回「インターステラー」を観て、恥ずかしながら初めてちょっとお勉強しました。
・・・で、やっぱりよくわかりませんでした・・・泣
時間が絶対的ではなくて 相対的(こっちと比べりゃ違ってきちゃうんだわ、ってこと)はわかっても
そこへ「質量」=グラビティ が参加してくると
もう アタマがゼログラビティ状態ですな。

この作品は最初は容易く想像できる未来の地球、
オゾン層がすっかり破壊されて 全世界に砂漠化が進み、
食べるもの、飲むもの、きれいな空気が失われ・・・というところからスタートします。
で、どないするんや! ってことですが
マイケル・ケイン演じる博士はふたつのプランを持っています。
プランA・・・新たな地球を探し出して人類を移住させる
プランB・・・冷凍保存された受精卵を移送して なんとか人類という種の存続だけは確保する。

家族を救う為にその使命を担って旅立つ主人公(マシュー・マコノヒー)。
今、家族を救う為にはプランAしかありません。

さあ ここで立ちはだかるのが例の相対性理論です。
今 家族を救いたいのに 主人公が惑星間移動している間に
地球では何十年もの時間が過ぎているのです・・・。

物理学的な理論がよくわからない(!)のと
ネタバレになるのであとはご覧戴くしかありませんが
映画として、まずすぐに思い浮かぶのが「2001年宇宙の旅」のイメージです。
2001年・・・が ラストで、ものすごくシュールな映像で完結させてしまったように
やっぱりかなりイメージの上にイメージを塗り重ねたような「え?」という映像が出てきます。

ここで「ほとんど夢オチ(いや 愛オチか?)じゃん」としらけるか
最後までついていって感動するかで 鑑賞者の印象がまっぷたつです。

店主はしっかり最後までノーラン監督についていって
最後はなかなか清々しい感動を覚えました。
ちょっと長いですが未見の方は是非ご覧ください。
(店主、中学生の頃 この手の漫画を一生懸命描いていた経験があるので、なんだか郷愁を感じてしまいました。)

b0283437_11545572.jpg

店主の勝手なイメージ画像:ブラッックホールの彼方の愛(科学を学習するキューピット)???

さて このボウル、というかゴブレットと呼ぶのでしょうか。
ジョワジーのもので、とても珍しいものです。
b0283437_121085.jpg


ベラン文様にでてくるような羽根のない天使が「科学」している絵柄ですね。
黒絵にチャーミングな彩色がなされています。
口径11.8センチ 高さ8.3センチ

b0283437_121456.jpg

b0283437_121679.jpg


口に削げ部分、高台に小さなカケがあります。

b0283437_1211499.jpg


b0283437_1211187.jpg


染まり・変色、ほとんど使用感もない
綺麗な状態だと思います。(なので 高いです。すみません・・・)
b0283437_12181.jpg


★ジョワジー 黒絵彩色・天使のゴブレット ご売約
by ruriiro_ameri | 2015-04-24 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(0)

鳥の声で目覚める朝〜2

b0283437_1618946.jpg


野鳥ではなく、飼っている鳥さんの声で
目覚める方もいらっしゃるかもしれません。

特に大きなオウムやインコだと
可愛い声でちゃんと「おしゃべり」してくれますよね。

b0283437_1619967.jpg

このバドンビレーの大きなボウル
向かい合ったオウムでしょうか
なにやら楽しげにおしゃべりしています。

「いいお天気が続くといいのに!」
「そうよね、早く日光浴や水浴びもしたいわ!」
・・・なんてね。

b0283437_16192431.jpg

b0283437_16192825.jpg

b0283437_16194842.jpg

b0283437_1620732.jpg


口部分に小さなチップ、目立つカケがひとつ、
高台に3つ目立つカケがあります。
全体に貫入が入っています。
内側は少しカトラリー痕がみられますが、染まりもほとんどなくて綺麗です。

口径が17センチ 高さが10センチちかくある、存在感のあるボウルです。

★バドンビレー・向かい合うオウム大きなボウル:ご売約
★うしろのブック型小箱:ご売約
by ruriiro_ameri | 2015-04-20 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(1)

鳥の声で目覚める朝〜1

b0283437_174359.jpg


春眠 暁を覚えず
という言葉
続きがあるのはご存知ですか?

春眠暁を覚えず  処処啼鳥を聞く 夜来風雨の声 花落つること知んぬ多少ぞ

一般的には次のように現代語訳されます。

春の眠りは気持ちよくて、つい寝過ごしてしまう。
はっと目が覚めたときには どこかで鳥が鳴いて お天気も良さそうだ。
そういえば、ゆうべはひどい雨風だったな。
せっかく咲いた花がどれほど散ってしまったんだろうか。

これを 「春は寝坊しやすい」と解釈するのは間違いで
春の夜明け時刻の早さを強調していると考える方が正しいとする説もあるそうです。
確かに同じ時間に目覚ましをセットしておいても
夏と冬とでは、外の明るさが全く違いますよね。

なので
春の眠りは気持ちよくて、つい寝過ごしてしまう。
ではなく
春の夜明けは早くて、夜明けに気が付かないほどだ。
が 正しいというのです。

言われてみればなるほど、ですね。

というわけで
心地よく 春の朝を告げ知らせる鳥さんのお皿。

b0283437_174311.jpg


b0283437_1742737.jpg


b0283437_1742411.jpg



フレンチ・マヨルカとも呼ばれるバルボティーヌです。
バルボティーヌはカラフルな物が多いですが、
こんな淡い色なら使いやすいのではないでしょうか。

ムシクイのような鳥さんと美味しそうな木の実。

b0283437_1741995.jpg


b0283437_1741424.jpg


b0283437_174876.jpg


b0283437_174456.jpg


b0283437_17425.jpg


直径20cmほどのお皿で、深さがなくフラットな感じ。
飾り皿としての要素が強いのかもしれません。
多少の窯傷はありますが 大変良い状態のものです。
★春のバルボティーヌ
A、Bどちらもご売約

by ruriiro_ameri | 2015-04-19 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(3)

春の香りの土★4

b0283437_18445982.jpg


昨夜からの「お酒」つながりで
今夜は南仏ピションUzes窯の風合いを思い起こさせる小ぶりの瓶です。
窯印はありません。

b0283437_18452280.jpg

b0283437_18454251.jpg


大西洋を越えてアメリカ向けに作られた物だとか。

b0283437_1846175.jpg


底の直径が10センチ 高さ20センチほどですが、重さは1030gあります。
ご覧のように釉はげやアタリ、削げがありますが
ヒビカケはありません。

b0283437_18455989.jpg

釉薬の下のスジが見られますが、元々のものです。
水漏れなし。
実際にお酒を入れたり 枝物を生けてもいいですね。
b0283437_18455645.jpg


★渋い山吹色小さめラム酒ビン ご売約

★春の香りの土 小特集はここまで。
今日は2月並みの寒さでしたが 寒気が去れば
またびっくりするほど暖かくなりそうですね。
寒暖の差が大きくて体調を崩しがちです。
季節外れのインフルエンザなんかも流行ってるようです。
若い方も!気をつけましょうね〜

by ruriiro_ameri | 2015-04-10 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(0)

春の香りの土★3

また お客様から素晴らしい写真をいただきました〜〜〜

奈良は吉野へ行かれたときの一枚・・・

b0283437_2052728.jpg


「吉野杉」です。
杉花粉のことなど どこかに忘れちゃうほどの神々しい世界・・・・
すばらしいですね・・・(ため息)
(Yさま ありがとうございました!)

さて、この吉野杉は、昔からある目的の為に計画的に植林されました。
それは 酒樽の材料です。
今でも吉野杉の酒樽で熟成した清酒は超高級品です。

お酒といえば、酒器のなかで常に人気があるのは片口。
そこで・・・

b0283437_2132161.jpg


これ
南仏、黄釉の片口?

b0283437_2134248.jpg

b0283437_2133618.jpg


・・・・実はミルクを入れて火にかけ、ゆっくり撹拌してクリームを作る為の小鍋です。

b0283437_2132775.jpg


b0283437_2132486.jpg


1900年前後のもので、お尻は炭火でまっくろになっています。
それなりの使用感はありますが、これといったダメージはなく
手頃な大きさ(口径16.5センチ 高さ9.5センチ)なので、楽しくつかえそうです。
あつあつの煮物、 クリーミーなポテトサラダも似合いそうですね。
重さは780gあります。

b0283437_213321.jpg


★黄釉片口小鍋(クリームポット) ご売約
★お酒つながりで 明晩はうしろのラム酒瓶をご紹介します。
by ruriiro_ameri | 2015-04-09 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(4)

春の香りの土★2

b0283437_2019965.jpg


すこし前になりますが
ミニシアターに出かけて観たのはイギリス映画 「おみおくりの作法」です。

原題は「still life」
直訳すれば静物画です。
亡くなった人の写真 遺影も still life
そして still には、穏やかな静けさ、優しく物静か、良心(神)のささやき という意味もあります。

たったひとりで 誰にも看取られずに亡くなった人の身元を調べ
生前の表情がわかる顔写真(still life)と
残された遺品を手がかりに 葬式のための音楽を選び弔辞の原稿を書く。
判明した親族に連絡を取り 葬儀の日程を知らせ、旅費の手配。
たとえ誰も出席はしなくても、たったひとりで葬儀を見守り 埋葬まで立ち会う。
それが終わって、残された写真をアルバムにおさめ、「終了」のスタンプを押す。
ロンドンの下町の民生員、ジョン・メイの優しく丁寧なお見送りのお仕事です。

注目されることも 感謝されることもほとんどなく
むしろ嫌な思いをすることが多いお仕事です。
でも ジョンはこの仕事に心から誇りをもっていました。

ところがある日、丁寧であるが故に「経費削減」のためだと
彼のお仕事は打ち切られることに・・・。

まだまだ土葬が多いイギリスの墓地。
ジョンが自分がいつかは眠るであろう場所に寝ころぶシーンが印象的です。

いつかは土に帰る自分を待つ 大地の上
木々の緑は眩しく輝き
空にはのんびり鳥がさえずります。

自分の人生は 遠い遠いあの空の向こうからご覧になってる方から見たら
どんなふうに見えるんだろう?
自分が見送った人たちは、喜んでくれているのかな?
彼はふと そんなことを思ったのではないでしょうか。

ラストシーンは とてもイギリス映画らしいものになっています。
正直 不満だ! という方もいらっしゃるでしょうが
店主にとっては至極満足のいくエンディングでした。


b0283437_20193072.jpg

これはジョン・メイのダイニングテーブルです。
アイロンがけして折り目正しい(!)テーブルクロスが
折り目正しいまま、絶対にずれないように止められたクリップにご注目。

ジョンの定番メニューは
ツナ缶(かサバ缶?)をお皿に缶のかたちのままのっけて
薄いトーストとちいさな林檎ひとつ、
そしてイングリッシュマンらしく紅茶、ですが
この食事で思い出すのは
ニコラス・ケイジとサム・ロックウェル主演の 「マッチスティック・メン」ですね。
まあ「マッチ・・・」では缶のままお皿に載っけてましたが

さて ツナ缶もちょっと手間をかけてグラタンなんかに使えば温かく食べられますね。

b0283437_2024667.jpg


この小鍋 お一人様のグラタン鍋? テリーヌポットのたぐいでしょうか。

b0283437_20243554.jpg

デュラン窯 19世紀末
口径13.5センチ 高さ8センチ 小さくてもずっしり540gあります。
釉はげや削げ、貫入に小傷はありますが
ヒビや大きなカケのない良い状態です。
(直火用の土鍋なので実用できるとは思いますが、土も釉薬も100年を経た物です。
ガスの火力でヒビが入る可能もありますのでどうかご承知置きください)

b0283437_20243958.jpg

b0283437_20244221.jpg

b0283437_20245677.jpg

b0283437_20251021.jpg


(白釉のかたちがウチのアメリ嬢の顔に見えて仕方ない・・・)
★アメリのお顔のキュノワ小鍋  ご売約
by ruriiro_ameri | 2015-04-08 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(3)

春の香りの土★1

b0283437_1831056.jpg


まだか、まだか、と待ちわびた桜も
咲いたと思えば 花に風
このところはすっかり菜種梅雨の空模様ですね。
そんななか お客様からこ〜〜〜んな素晴らしい写真を送っていただきました!

行ったことはないけど(そうりゃそうだ)天国って きっとこんなところなんだろうなぁ〜〜
と しばしうっとり。

b0283437_1831539.jpg


この桜はご友人のだんな様(通称・花咲じいさん 兄さん)が
苗から20年丹精して咲かせたものだそうです。
菜の花も種まきからされたそうですよ。
<N様 本当にありがとうございました!>

そうです 季節は春まっさかり!
雑草が小さいうちに 草取り、庭仕事にも精を出さねばなりません。
植物のエネルギーは土、水、光。
なかでも土作りは丈夫な花作りに欠かせません。
そこでちょこっと「春の香りの土」小特集といきましょう。

土の器と言えば やっぱりキュノワールは外せませんね。
b0283437_18342362.jpg


今夜は何かと便利なボウルです。
口径15センチほど 高さ7センチ
b0283437_18345722.jpg


窯は不明ですが「2」の刻印。19世紀末〜20世紀初めのノルマンディー辺りの物かと思います。
b0283437_18345493.jpg

b0283437_18344964.jpg

b0283437_18345172.jpg


内側にピンホールがありますが表には響いていません。口回りに削げ 釉はげ、チップがあります。
高台は丸い感じに雰囲気よくすり減っています。
b0283437_18344126.jpg


ヒビや大きなカケ、水漏れはありません。
b0283437_18344665.jpg


新じゃがと新玉ねぎで作った肉じゃがなど、
瑞々しいエンドウといっしょに盛りつけてください。
★キュノワのボウル ご売約
by ruriiro_ameri | 2015-04-07 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(0)

失われた時を

b0283437_202967.jpg


突然ですが あなたは生まれて
何歳くらいの頃から記憶がありますか?
三つ子の魂 百まで と言われるように
だいたい3歳前後からの出来事を覚えている場合が多いようです。

「ぼくを探しに」の主人公、ポールは
その3歳になる前に大好きだったママを亡くし
そのショックで 声が出なくなってしまいました・・・・と
いうのは 実は両親亡き後
ポールの面倒を見てきている ふたりの叔母たちの言い分です。

叔母たちが開いているダンス教室でピアノの伴奏をし
いつかプロのピアニストに という叔母たちの希望を叶えるべく
何度もコンクールにチャレンジするポールでしたが
なかなか優勝はできません。

ポールにとってママは誰よりもやさしく 美人で 歌がうまく
でも その一方で パパには一切いい思い出がありません。
気まぐれで 乱暴で・・・。
でも これもまた ポールの頭の中にだけある記憶の欠片(かけら)だけがもたらす悪夢。

本当のポールのパパとママは いったいどんな風に生きたのでしょうか?
本当にポールはしゃべれないのでしょうか?
二人の叔母たちは どうしてポールに両親のことを話さないのでしょうか?

ある日 偶然出会った「マダム・プルースト」が
ポールの「失われた時」※を 不思議なハーブティーで呼び起こします。
さて さて
ポールの頭の中に眠っていた「失われた時」とは・・・?

アニメーション監督で有名な ショメ監督のファンタジックな実写作品です。
まるでカラフルな絵本のページをめくるように楽しんでご覧ください。

※ 「失われた時を求めて」の作者はマルセル・プルースト

マダム・プルーストの不思議な部屋
アパルトマンの階段の途中に小さなドアがあり
中に入ると 部屋の中には植物が茂り 野菜が実り
この部屋のカットを見ただけで店主はこの作品の虜になってしまいました!
今夜は愛すべきポールとマダム・プルーストをイメージする
小さなボウルたちです。

b0283437_2038224.jpg


マラキット・グリーンのステンシルで描かれた枝、葉、花。
生き生きと マダム・プルーストの部屋の植物たちのよう。
b0283437_2048561.jpg


b0283437_20481338.jpg


ベルギー・NIMY窯のものです。
口径11.3センチ 高さ6.8〜7センチ
A、B ふたつともこれといったダメージはありません。
Aは窯印が濃く Bは薄いです。
Aの1センチほどのラインはガラス質部分のみの窯出し時のもの。ヒビではありません。
Bの内側の染まりが濃いめです。★ひとつ5,900円 Bはご売約

b0283437_204884.jpg


b0283437_20481013.jpg


それから
小柄で繊細で 心にしなやかな花を持っているようなポール。
ポールのイメージにぴったりなのは この小さなボウル。
b0283437_20544832.jpg


b0283437_20545487.jpg


ディゴワン 1920〜40年頃
口径10.3センチ 高さ5.1センチほど
経年による口回りの削げ、生地の縒れによるスジはありますが
とても良いコンディションだと思います。
b0283437_20545150.jpg


b0283437_20544396.jpg

★小さな白い蔦レリーフボウル ご売約

・・・・ところで余談ですが
フランスでも 鍋料理、できるんですね・・・白菜 おいしそう・・・
b0283437_211933.jpg

by ruriiro_ameri | 2015-04-03 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(1)

普段着の古物とシネマな日々
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31