人気ブログランキング |

<   2014年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ナポレオン三世の頃に大流行した
吹きガラスでできた ガラスドーム。

黒く塗られた木の台に
ゆらゆらガラスの「ドーム」が
異空間を作り上げる妙。


 【A】
b0283437_0193118.jpg

b0283437_019337.jpg

b0283437_0193618.jpg


Aのドーム
サイズ 19.5x11.5  H:27.5cm(台含まず)
ガラスドームの下部に製造時の「ぎざぎざ」があります。
ヒビはありません。
台が防虫処理され、塗装しなおされています。
Aのガラスドーム★sold ありがとうございました

【B】
b0283437_0245599.jpg

b0283437_0245728.jpg

b0283437_025116.jpg

b0283437_0245924.jpg


Bのドーム
サイズ 21.2x12  H:28cm(台含まず)
ガラスも台もオリジナルです。
台に付いている「足」がひとつ欠損しており
そのため三点で安定させるように 足の位置が調節されていました。
がたつきはありません。
Bのガラスドーム
★sold ありがとうございました


b0283437_124995.jpg


今日は「大暑」
暑中お見舞い申し上げます。

以前 うちの「復活したブラックベリー」をご紹介しましたが
夏の日差しにどんどん実をつけてくれましたよ。

b0283437_124132.jpg


暑さはこれから!
がんばりましょう〜〜〜(半泣)
このところ大阪の実家通いがつづいておりますが
新幹線で帰る時 必ず駅の構内ショップで
買って帰るのが これ。

b0283437_20475367.jpg


ソースがいいんですよ〜
懐かしくて 「庶民的なプロ」の味!

ビーフサンドはキャベツの千切り
カツサンドはポテトサラダとサンドされています。

b0283437_20475020.jpg


届いたばかりのキュ・ノワール風のパン皿で。

美味しいものは元気をくれます。

★お問い合わせやご連絡くださったお客様には順次 メールをお送りしております。
お待たせして申し訳ありません。今しばらくお待ちください。
b0283437_20293841.jpg


仕事と腰痛が一段落しましたので
また 老人二人暮らしの実家に来ております。
《A.Mさま パッド とっても心地よく使わせていただいてます。
 本当にありがとうございました!》


ご連絡等 若干遅れますが、22日夜には帰っておりますので
どうかよろしくお願いします。

また
来週末のガラスドームのご照会では
リクエストされた方は メールで直接ご連絡いただければ助かります。

いつも勝手ばかりのいい加減なショップで申し訳ありません〜〜
何卒 よろしくお願いいたします。

店主

★写真の「輝くボウル」は 9月末頃ご紹介予定です。
b0283437_2081324.jpg


梅雨明け秒読み 今日も暑かったですが
先日ある新聞のネット版に、また燕の減少の記事が出ていました。

「かつて「巣を作ると商売繁盛する」などと
身近な鳥として親しまれてきたツバメが、
全国的な減少傾向にある。
民家などの軒下にツバメが巣を作ると
ひながフンを落とすため、
住民らがさっさと撤去してしまう“人害”も
一因と指摘されている。・・・・」

燕だけではありません。
たとえば
駐車場に桜の木があると
花びらが散る頃、雨でも降ろうものなら
だいじな車が花びらまみれになる!と
桜の木の枝をさっさと切り落としてしまう人もいます。

いったい いつから日本人はこんな自分勝手な
唯物主義者に成り果ててしまったのでしょうか。

幕末から明治にかけて 初めて日本を訪れた欧米人たちが
「驚いた」ことの一つのエピソードがあります。

街道沿いに植えられた松の木に
一羽の美しい鷺が舞い降りた。
欧米人は狩猟用の銃を取り出し
日本人は紙と筆を取り出した。
日本人は まず何を置いても
この松の木と美しい鳥の姿を 描きとめることに必死だった・・・

鳥たちの巣立ちの季節。
どうか古(いにしえ)の日本人のように
自然の命を 美しさを
優しく穏やかに 見守ってあげてください。

b0283437_2084444.jpg

★N様 素敵な写真をありがとうございました!

さて 天使の小特集
おしまいは、大好きなツバメさんにも登場してもらいましょう。

b0283437_20144588.jpg


1910年前後の天使のレース
3人のお花を持った天使君の上に
舞い降りようとしているツバメさん。
持ち主のお気に入りだったのでしょう。
金に塗られた木製のフレームに 丁寧に額装されています。

b0283437_2015656.jpg

ガラスの向こう側に紙片のようなものが入り込んでいます。
補修あとのような箇所があります。

b0283437_20151232.jpg

色づきがあります。
だいたいは良い状態だと思います。

b0283437_20164621.jpg


b0283437_20165552.jpg

裏はきれいに紙が貼られています。
W29cm T31cm 厚み2cmくらい

b0283437_20171328.jpg

★天使と燕のレース額   sold
b0283437_17243841.jpg


暑くて熱中症の症状を出す方も増えています。
熱中症といえば まず「水分」「塩分」ですが
案外「糖分」も摂った方がいいそうです。
さて 当店の天使モノは たいてい渋めのイケメン天使。
(ま、店主の好みで・・・笑)

でも たまには
こんな「糖分」テイストもいいかも。
甘いチョコや砂糖菓子が入ってたみたいですし・・・

b0283437_17243388.jpg


紙箱はオランダのもののようですが 詳しいことは分かりません。
今はフランスのクチナシの花のコサージュがそっとおさめられています。
b0283437_17245632.jpg


箱の天使の絵には ライトストーン風のスパンコール(?)がはめ込まれています。
輪郭に部分的ですがゴールドのエンボスが施され
なかなか凝ったつくりになっています。

缶の方は裏にはっきりベルギーの製菓メーカーマークが。
缶に印刷してありますのでそんなに古い物ではありません。
箱のサイズ:W11.5cm T16cm H4cm(蓋込み)
缶のサイズ:W11cm T14.5cm H6.5cm(蓋込み)
小傷や汚れはありますが 大きなダメージはなく、収納用に実用していただけます。

b0283437_17252140.jpg


b0283437_17251937.jpg


b0283437_17252622.jpg


★スパンコールをはめ込んだ天使のボワット&
卵形の天使のティン缶(クチナシの花付き)
sold ありがとうございました
b0283437_2115281.jpg


今日はよく晴れて 風が心地よかったです。
当初 静岡県は空梅雨で 取水制限が早々に出たりして心配でしたが
なんとか持ち直して 一安心。

なんといっても水は命の源・・・

キリスト教でも 水はいろいろな場面に登場します。
カトリックでは教会の入り口に 必ず「聖水」を入れた容器が置かれています。
まあ 日本でいうと神社のお清めの水に近いでしょうか。

小さなブロンズ鋳物製のベニチエ(聖水入れ)です。
大きな貝殻を持った天使のモチーフで、
二人の天使が持っているデザインの物もよく見かけます。
顔立ちが穏やかで 丁寧に仕上げられています。

写真がぼけてて申し訳ないのですが、作者のサインのような文字も・・・
b0283437_21154567.jpg


裏側2カ所でしっかり固定されていたようです。
上のフック穴を利用して壁に飾れば 下のねじは差し込まなくても
安定させる役割を果たし、邪魔にはなりません。
b0283437_21154236.jpg


色味は古びていますが これといったダメージはありません。
b0283437_21191859.jpg


W8cm T14cm  重さ382g
★貝殻を持つ天使のベニチエ  sold ありがとうございました
b0283437_15574351.jpg


あなたは鏡を見るのが好きですか?
鏡が高価な贅沢品の一つに数えられていた時代、
さらに高貴さをプラスしたエンジェルミラー。
キューピット(天使)が美しいヴィーナスに
鏡を見せている絵画を見たこともおありでしょう。

b0283437_15581977.jpg


キューピットにはカワイイ「縁結びのいたずらっ子」というイメージがありますが
「美」に潜む人間の「高慢」「見栄」をくすぐる存在として
描かれることもあります。
店主など トシがトシですから、シミが隠れてるか
鼻毛が出てないかを確かめる為に鏡を見る程度。
でも美しい人は キューピットに
「虚栄心」をくすぐられないようにご用心・・・。
b0283437_15581531.jpg


紺色のビロードが貼られたしっかりしたスタンド型のミラー
b0283437_15581285.jpg

b0283437_1558782.jpg

b0283437_1558462.jpg


鏡の四辺はベベルガラスのように深くカットされています。
光沢のある天使の装飾部分は、彫刻ではなく焼き物のようです。
ナポレオン三世風に黒く着色されています。

b0283437_1558160.jpg

W22cm T26±cm
★スタンド型スクエア・エンジェルミラー    sold


b0283437_1615183.jpg


とても古いブロンズのオーバル型 壁掛けように針金が付いています。
長年愛用されていたようで、絆創膏?のようなテープで補修されています。

b0283437_1612681.jpg


裏に貼られたファブリックが渋くてなかなか素敵ですので
このままの状態でお譲りします。
鏡に一カ所ラインがありますが、ごく浅いものなので心配はありません。

b0283437_1614732.jpg

b0283437_1612351.jpg

W18cm T26cm(max) 
★ブロンズオーバル・エンジェルミラー  sold ありがとうございました。
b0283437_21142754.jpg


今度雨が降って やんだら一応梅雨が明けるみたいです。

先の台風ではお住まいのところは被害などでなかったでしょうか?
抵抗できないとはいえ 
最近の台風は勢力が強いものが多いようです。

こまめに情報を把握すること、
また、大げさでもかまわないから 大事をとるようにしなければと思います。

来週の更新の予定です。
15日 火曜日 エンジェルミラー ふたつ
16日 水曜日 ブロンズの聖水入れ
17日 木曜日 かわいい缶と紙箱のセット
18日 金曜日 天使と燕のレース(額装)

都合で日延べする場合もありますので 何卒ご了承ください。

また、24日から三日間、ガラスドームのご照会をさせていただきます。
こちらはリクエストされた方が優先になりますので
何卒ご了承ください。
(もちろん キャンセルの場合は ご希望があればどなたにでもお譲りできます。)


そして29日の夜は 夏休み前の「蚤の市」開催します。
ひょっとしたら掘り出し物もみつかるかも・・・・
b0283437_21143098.jpg

b0283437_19563662.jpg


台風の置きみやげ
熱帯の空気がボワン と居座り
暑い一日でした。

「花も実もある」夏を期待しての小特集
最後は乙女なカフェオレボウル。

「赤毛のアン」で中学時代を過ごした店主は
朝ドラを熱心に見ています^^
ご覧になっていない方には申し訳ないのですが
主人公のはな(村岡花子)が編集員として
また翻訳者として携わった児童雑誌が「ニジイロ」といいます。

虹の色は誰もが知っている7色ですが
「日本の伝統色」の中に「虹色」という色があります。
名前は虹ですが なぜか優しげなピンクです。

b0283437_19564628.jpg


ディゴワン・サルグミンヌ 1880〜1940年頃の窯印
まさに「にじいろ」のロマンチックなボウルです。


手描きの愛らしい薔薇と飛んできた蝶が
「ごきげんよう」とご挨拶。
ちょっとカワイイ系過ぎるかと思ったのですが
無駄のない 実に手慣れた感じの筆致と
上品な色使いがなかなか素敵。
口径15センチ 高さ8.5センチと存在感もあります。

b0283437_19571972.jpg


全体に貫入、内側にニュウに沿って染まりが出ています。
高台裏に削げたようなカケ。
b0283437_19574616.jpg

b0283437_19574858.jpg

b0283437_19584673.jpg


古い窯傷、古いヒビがありますが、強度的に問題はありません。
金彩も程よく残っています。

b0283437_1959039.jpg

★デイゴワン 虹色・薔薇と蝶のボウル   sold
★一緒に写っているボウルも 9月から順次ご紹介していきます。
(現在、店主多忙なため、個別のお問い合わせにはお答えできません。何卒ご了承くださいm_ _m)