人気ブログランキング |

<   2013年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

b0283437_15155083.jpg

初雪の便りも聞かれる今日この頃。
明日から12月です。

b0283437_15162528.jpg


寒い朝はウチの娘(ボストンテリア)、お父さんが起きてきたのを確かめると
再び布団に潜り込み、朝寝でございます。


b0283437_1516513.jpg

これは脱皮後・・じゃなくて 起床後の光景・・・。
b0283437_20581960.jpg


60年もの歳月を
本来ならば“他人”の家庭で育った人がいました。

いつもかっこいい福山雅治くんが父親を演じた「そして父になる」を思い出しますが
あのお話では 取り違えられた赤ちゃんがまだほんの子どものとき。
今回多くの人が驚いたこの人物は、普通の社会人が「定年」を迎える年齢なのです。

記者会見の様子を見ました。
といっても 顔は映されず 声だけ 言葉だけを聞いたのですが
とても穏やかに喋る方でした。
“実のご両親”はすでに他界されています。
一目だけでも逢いたかったのでは と、切なくなりました。

すでに実の弟さんたちとは対面、DNAのなせる技なのでしょうか
とても仲良くおつきあいが始まっていると聞きます。
「やっぱり 血は争えないね」という言葉がどこからか聞こえてきそうです。

でも 全てがそうでしょうか。
優しさや思いやりはいくらDNAにのっかってきても
愛のない家庭環境で暮せば 性格はぎすぎすと涸れていくと思います。
持って生まれたこの人物の優しさと勤勉さを「育てた」のは
間違いなく産んだ母ではなく 育てた母なのではと思います。

b0283437_20584483.jpg


b0283437_20583033.jpg


この白鳥のような(と店主が勝手に呼んでいる)ピシェふたつ
全く同じ頃に作られた ジョワジー・ル・ロアのものです。
ところが置かれていた環境の違いで こんなに違う表情になっています。

確かに白に金彩は優雅で美しいですが
私はすっかりカフェオレ色になり カケも景色になったほうも
とても雰囲気があって好きです。

b0283437_20592364.jpg

b0283437_18304491.jpg


「マンハッタン花物語〜Bed of Roses」は1996年のラブストーリー。

原題「Bed of Roses(薔薇の花のベッド)」とは
「人が羨ましがるほどの幸福な暮らし」という意味だそうです。

長髪のクリスチャン・スレーター(彼はもともとアイドル系なのです)が、
少々ストーカーっぽい花屋さん(実はとてもお金持ちの息子なのですが)。
仕事と都会の息詰まるような暮らしに疲れた ひとりの孤独な女性
(『フライド・グリーントマト』のM.S.マスターソン)に
想いを寄せ、毎日のように薔薇の花を送り届けます。
(これがとても美しい青薔薇のような色なのです。女性なら誰もがうっとりするはず・・・)

「人が羨ましがるほどの幸福な暮らし」を手に入れる機会が偶然目の前に現れた時
しかし この女性はどうしても自分に自信が持てずに拒否してしまいます・・・。
(アメリカ映画なのに なんてメロドラマチックなんでしょう)

共感して大好きな作品の一つに入れる人
お花やガーデニング好きで思わず見ちゃう人
ちょっと引くな〜 って感じでスルーする人
・・などいろいろだとは思いますが
お花もキャストも美しく ラストシーンもなかなかです。
未見の方は花の香りが恋しいこの季節にぜひご覧ください。

b0283437_18343165.jpg


b0283437_1835174.jpg


b0283437_18345810.jpg


b0283437_18353737.jpg


サルグミンヌ 黒絵グリザイユのサラダボウル、
魅惑的な薔薇が こぼれんばかりに咲いています。
外側に釉ハゲのようなチップ 貫入 染まりがみられますが実用可能の良い状態です。
口径15.5センチ 高さ5センチ ★sold




b0283437_1837525.jpg


こちらは黒絵に彩色された大変貴重なプチボウルです。
口部分にアタリや小さなカケがあります。
下の方に染まり、見込みに版ずれによるライン状の絵柄抜けがあります。
フランスのものらしいですが窯元は不明です。
口径8センチ 高さ5センチ 薄手です。★sold 



b0283437_18385492.jpg

b0283437_1838413.jpg

b0283437_1838195.jpg

b0283437_18384620.jpg

b0283437_19525971.jpg


1963年のアメリカ映画『酒と薔薇の日々』をご存知でしょうか。
(あえて)モノクロで制作されたジャック・レモン主演映画です。
この作品を始めてみたときが「お熱いのがお好き」を観て、
「コミカルなジャック・レモン」の印象を抱いていた時だったので、
途中で本当に観るのが辛くなったのを覚えています。
愛する人がアルコール依存症になってしまった時の苦しみ、
また、依存症に陥って行く残酷な過程を 非常にシリアスに描いています。
(アルコール依存症が深刻な社会問題になっている国ゆえの制作意図が見え隠れはするのですが…)

メグ・ライアンとアンディ・ガルシアの「男が女を愛するとき」も似たテーマを扱っていますが
こちらの方がドキュメンタリーのように現実的で、この病気の怖さが身にしみます。

ヘンリー・マンシーニ作曲のテーマ音楽があまりに有名です。
うっとりと夢見るようなメロディが、およそこの作品の内容とはかけ離れているように思えます。
でも、もしこれが暗い悲壮な音楽だったなら
この映画に込められた どうしようもない人間の弱さ、人生の儚さ は
これほど観る者に突き刺さらなかったと思います。

似たような例で言うと
「アマデウス」のエンディングには 最初フリーメーソンの葬送曲が使われる予定でした。
でも、監督の判断で ピアノコンチェルト20番の2楽章が使われました。
この甘く優しい旋律が より観た者の喪失感や哀しみを高まらせていますね。

b0283437_2012586.jpg

b0283437_202173.jpg


こちらの青絵のシュガーポット、窯印はありませんが
フタのモチーフがボッホのものにとても似ています。
ボッホ窯の古手(ケラミス)あたりのものなのでしょうか。
薔薇が咲く庭園で語る貴族の男女。女性はまだ少女のようで、
羽飾りの帽子をかぶった男性もなんだか可愛いですね。

b0283437_2012711.jpg

b0283437_2021864.jpg

b0283437_201159.jpg

b0283437_2014491.jpg

b0283437_2014422.jpg


あまり見かけない珍しいポットです。
レリーフで獅子の顔のノッカーのような飾りが付けられています。
表裏同じ絵柄です。アタリや染まりがありますが、ヒビや大きなカケはありません。
口径8.8センチ 高さ(ふた含めて)約12.5センチ★sold

ホーローのポットやキャニスターはやたらお値段が張るので手にすることは殆どありませんでした。
でもこの小さな薔薇の花には なんだか心惹かれてフタなしでしたが連れて帰りました。

b0283437_2011226.jpg


b0283437_2011749.jpg


中に汚れやホーロー表面のひび割れがみられますが、ホーローのカケなどはあまり気になりません。
大きすぎず、デコラティブすぎず、日本のキッチンにも馴染みやすそうです。
b0283437_2012461.jpg


b0283437_201267.jpg


この模様にとても似たシリーズがBB社のものにありますが、バックスタンプはありません。
(最近の物ですがぴったりのサイズのフタがありますのでよかったらおつけします。)
sold
b0283437_18415820.jpg


急に さぶくなりました。
古来 ○○は風邪をひかないと言うのですが
店主 いやな仕事に対する拒否反応が風邪の菌を呼び込んだようです。

今年は猛暑と台風続きで
ただでさえいつも病虫害の餌食にしてしまう薔薇が心配でしたが
にゃんと!
ちょっと奮発した肥料がよかったか、ダンナさんの土仕事が功を奏したか
「ピース」という白バラですが
しっかり りっぱに咲いてくれました(涙 涙)

というわけで
週末(土・日)は がんばって「ばら」の古物をご紹介します。

b0283437_18415755.jpg


★店主多忙と風邪ひきのため
お問合せなどありましたら、更新後によろしくお願いします。

b0283437_2147919.jpg


アメリカ映画「天使のくれた時間」は、
クリスマス映画の定番『素晴らしき哉、人生!』をモチーフに
2000年に製作された作品。
主演はニコラス・ケイジです。

誰でも一度は考える
「もし あの時、違う道を選んでいたら?」・・・がテーマです。

その「違う道を選んでいたら、こうなっていたんだよ」という一時の体験を
天使がプレゼントしてくれるのです。

その天使の名前はcash(キャッシュ)といいます。
(主人公との出逢いの場所が、宝くじの「換金所」だからです。笑)

あなたもこんな天使に逢ったら
自分の今の人生を「換金」してもらいたいですか?

人間はいつもこの問いかけに 立ち止まり、迷い続けます。

でも そんな時は 私はいつも亡くなった母の言葉を思い出します。
「人生にもしもなんてないって 本当よ」

山のように辛いことも多かった母の短い人生でしたが
最後の言葉もその母らしく
「苦労したって言われるけど おとうさんと結婚して本当によかった」でした。

b0283437_2147569.jpg

さて カトリック教会の入口には
必ず「聖水」入れが置かれています。
自らの罪・邪念を洗い流して
真っ白な気持ちに立ち返って神との対話に臨むわけです。

b0283437_14452140.jpg


浮き世すれした自分を
神様の言葉に耳を傾ける自分に「換金」してもらうのかもしれませんね。

b0283437_14452583.jpg

b0283437_14452490.jpg

b0283437_14452979.jpg

b0283437_14452829.jpg


★ナポレオン3世時代の聖水入れ
sold


おまけ
b0283437_18143438.jpg

[c] Sixteen Films, Why Not Productions, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,Urania Pictures, France 2 Cinema, British Film Institute MMXII


日々を懸命に生きるすべての人に、幸せあれ。
昨年制作され 日本ではこの春公開されたイギリス映画「天使の分け前」
劇場公開時キャッチコピーです。

タイトル(原題も同じ)「天使の分け前」とは、ご存知の方も多いと思いますが
ウイスキーが熟成する過程で1年におよそ2%ずつ減っていく分量のことです。

監督は「麦の穂をゆらす風」で第59回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを獲得したケン・ローチ。
第65回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作品です。
俳優以上の「名演技」というより ふだんの仕事をそのままやってる感あり、
のスコッチウイスキーの世界的権威者も出演。
そのせいかテイスティングの場面には、より リアリティーがでていて、
ウイスキーなんか呑めない店主も「思わず一口呑んでみたく」なってしまいました。

「どうやっても労働者階級 一生この底辺社会からは抜け出せない」
家族の温かさも 愛情を持って指導してくれる人間にも恵まれなかった主人公の青年は
自分の生い立ちを呪い 将来のビジョンすら描けない落ちこぼれ。
短気な性分が災いして 暴力、傷害事件ばかりおこします。
刑務所に送られる寸前、もうすぐ恋人とのあいだに子どもが生まれるからという寛容な処置で
なんとか社会奉仕活動で罪を償うことになります。

彼と同じような「落ちこぼれ」仲間共々 優しく見守ってくれるスコッチウイスキー好きの指導員。
彼の何気ない誘いが そして何よりも生まれてきた「天使のような」息子が
一生抜け出せないと思っていた底辺社会からの方向転換に挑むチャンスを与えるのです・・・。

「えーーーそんなのあり?」と思われる方は ひねくれ者の店主に言わせれば
「ハリウッド映画の勧善懲悪かぶれ」です(笑)

私たちが生きるこの社会は「そんなのあり?」と「中途半端」だらけじゃありませんか。

いたずらな天使がこっそり頂戴する分け前が
そんな矛盾だらけの社会で必死に生きていこうとする者の上に
「チャンス」となって舞い降りますように!

b0283437_18293891.jpg


b0283437_18295986.jpg


さてこんな大きなゴブレット(あるいはシュガーポットのフタが失われたもの)で
ワインやスコッチを呑んだら、かなり酩酊状態になりそう・・
先日の天使たちと同じ、黒絵のベラン模様
ライオンと戯れる羽根のない天使君たちです。
口径9センチ 高さ8.5センチ。

b0283437_18301714.jpg

b0283437_18302597.jpg

厚みもあり 形があまり洗練されておらず、かなり古いケラミス窯です。
窯傷と口部分にスレがありますがヒビなどはありません。

b0283437_18302957.jpg


★ケラミス ベラン黒絵ゴブレット sold
b0283437_1884642.jpg


「ベルリン・天使の詩」は、東西ドイツが統一する3年前の1987年 西ドイツ・フランス制作作品。

主人公はサーカスの踊り子に恋したひとりの守護天使。
演じるは2004年の『ヒトラー 〜最期の12日間〜』の名優ブルーノ・ガンツです。
店主が大好きだった「コロンボ」のピーター・フォークも本人役で出ています。
のちにハリウッドがメグ・ライアン、ニコラス・ケイジで
リメイク(シティ・オブ・エンジェル)していますが、観るなら断然こちらです。

恋する守護天使は 痛みも悲しみもある
しかも いつかは死ぬ運命の人間になりたいと願います。

天使がまだ天使でいるときはモノクロの画面が続くのですが、
街の風景も、女神ニケの像も 美しい絵画のように見えてきます。

昔、教会の牧師さんに
「守護天使っているんですか?」と深く考えずに質問したことがあるのですが
答えは「もちろん いますよ」でした。
このトシになると 天国へ行きますよ、と手を引いてくれるのも
その「守護天使」さんなのかなぁ と考えたりします。
「あなたは根性が悪いから お連れできません」と言われないようにしなきゃね・・・。

b0283437_18105178.jpg


b0283437_18105156.jpg


★窯元は不明ですが19世紀の黒絵bol&saucerです。
「ベラン文様」風の翼のない天使君たちが 葡萄の収穫を楽しんでいます。
ふちに極小窯傷、高台部分に古いカケがあります。
見込みはパニエに入った葡萄が描かれ、そこにぽつりと少し染まりがあります。
ボウル口径7.5センチ 高さ4.5センチ
ソーサー 直径12.5センチ 高さ2.5センチ
高くて申し訳ないのですが、
黒絵は珍しく、年代を考えればかなり良い状態ではないでしょうか。sold


b0283437_18104486.jpg

b0283437_18103817.jpg

b0283437_1811463.jpg

b0283437_18105114.jpg

b0283437_13264792.jpg


1997年(日本公開は1998年)「普通じゃない」は、
ユアン・マクレガー、キャメロン・ディアス主演のイギリス&アメリカ映画。
あの『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞8部門受賞に輝いたダニー・ボイル監督作品です。
イギリス流の「アクの強いジョーク」が好きな方、
「モンティ・パイソン」ファンの方には面白い作品だと思います。
ちなみは店主はアメリカ流のラブコメより
イギリス流のブラコメ(ブラックユーモアコメディ)が好きなので、この作品は結構ツボです。

ビル清掃の仕事をする 冴えない作家志望の若者(ユアン・マクレガー)が
ワンマン社長に突然の「クビ」を言い渡され、ブチキレ・・・。
社長の娘(キャメロン・ディアス)を人質に逃走、
なんとか社長から「身代金」を、と考えるのですが
そもそも そんな浅薄な思いつきが上手くいく訳もなく、
社長の娘ときたら思いっきり気が強いわ 頭の回転が速いわ、
若者よりも1枚も二枚も上手(うわて)です。

一方 天国の「縁結び」営業担当(???)のふたりの天使(小柄なホリー・ハンターと
大柄な黒人俳優デルロイ・リンドーが演じています)は、
よりにもよってこのふたりの「縁結び」を上司(名前がガブリエル)から命令されるのです。

さて このふたりの天使ですが、全くもって天使っぽくありません。
どう見ても怪しい雇われ探偵か 殺し屋・・・。
これを面白いとみるか 訳が分からないと見るかで
この映画の評価もかなり違ってくると思います。
アタマを柔らかくして、楽しく観ていただければいいなと思います。

b0283437_13275530.jpg


b0283437_13281810.jpg


さてこちらのナポレオン3世時代のガラスドーム「ふたりの天使」は
非常に高貴な天使です。
貴重な雪石膏彫刻の天使たちは、目をふせ 
肩を寄せ合って静かな悲しみに耐えているようです。
それぞれ 十字架といばらの冠を持っています。
バックは濃紺のベルベット。
固定しているねじ部分が経年で緩くなっておりポンペガラスの中で像が動きますが、
飾っておくぶんには全く問題ありません。

b0283437_1328234.jpg


この時代大流行した黒い楕円フレームに
ふくらみのあるポンペガラスのカバーをかぶせたイエスやマリア、天使の像。
サイズもいろいろあるようですね。
b0283437_1328339.jpg


★ナポレオン3世時代の黒楕円ガラスドーム「ふたりの天使」 sold

可愛い天使たち
b0283437_18154588.jpg


先日行った馴染みのお店の店主さんと映画の話を少ししたとき
「楽しい映画がいいわ〜 テンラブとか・・・」と言う話を聞き
一瞬「?」だった私ですが「天使にラブソングを」と分かって納得。

1992年作品。後に続編も出ています。
原題は「Sister Act」(意味はなるほど、ですが確かに日本ではピンと来ませんね)。

あるクラブ専属の歌手だったデロリス(ウーピー・ゴールドバーグ)はギャングの愛人。
ある日、ギャング同士の殺人の現場を目撃したばかりに命を狙われ、警察の保護下に置かれます。
そして裁判の日まで、ある修道院にかくまってもらうことになったのですが、
尼僧のふりをしなければならないデロリスは、お堅い生活にうんざり。
でも「やる気のない」尼僧たちの聖歌隊の指導を任されて・・・。

と、あとはご想像のとおりの展開ですが、とにかく歌が 音楽が楽しい!
の一言に尽きます。
斉唱、コーラスのみの聖歌を 手拍子し、全身でリズムを表現する
ノリのいいゴスペルにアレンジ。
古くて固い歌が 一工夫でこんなに楽しくなるんですね。
聴けば誰でもいっしょに首や肩が左右に振れて楽しくリズムに乗っていけます。
ウーピー・ゴールドバーグは出演に際して みっちり歌唱指導を受けたそうです。

b0283437_18162141.jpg


このクレイユ・モントローの黒絵のお皿。
内容は受胎告知ですので こちらの天使は間違いなくガブリエルです。
でも顔の表情が若くて ちょっと頼りなさそう・・・(?)

b0283437_18172467.jpg


元気にゴスペルでも歌って もっとしゃきんとさせてあげたくなりますが。

b0283437_18162790.jpg

b0283437_18171085.jpg


カケとそこから伸びる4センチほどのヒビがあります。
でもこのようにお皿用のフックを使用して飾れば 多分だれもヒビには気付かないと思います。
古いものは少しくらいダメージがあっても一工夫で楽しみましょう。

b0283437_18163626.jpg


★クレイユ・モントロー 黒絵「受胎告知」絵皿
sold


リズムに乗りすぎて