人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 13 )

今日は雨の予報が出ていたのですが
日が暮れるまで 暖かい穏やかな晴天に恵まれました。

どんどん暖かくなるのはいいんですが
去年の酷い台風で傷んだ拙宅の屋根・・・
また強い台風が来る前になんとか修繕してもらわなければ・・
(屋根屋さんが足りなくて 全く来てくれない状況・・・)

鳥さんのお宅はどうなんだろうなぁ
嵐の夜は鳥たちは一体どうしてるんだろうと
いつも考えてしまいます・・・
(頑張って強い巣を作ってね・・・!)


b0283437_18280193.jpg


古い 古い 1860年ごろのボルドーのお皿
タイトルは頭の部分が青いホオジロを指す名前になっています。


b0283437_18282958.jpg


b0283437_18283217.jpg

様々な種類の枝葉に しっかり家族や仲間と寄り添うホオジロさんたちです。

b0283437_18291296.jpg


b0283437_18313464.jpg


b0283437_18315575.jpg

b0283437_18320015.jpg

貫入と色着きがあります。
窯疵も見られますが、しっかり作られています。
直径24センチのメイン皿

★Bordeaux ”Becfigues" ご売約



もろに私事で申し訳ありません。

この3月末に入院した父、

相変わらずの無敵ぶりを発揮して一旦退院しましたが

4月9日に再入院。


良くなったり 悪くなったりしてたのですが

治療自体が 父の体力をすり減らす感じになってきました。

そろそろ父の体も「もう疲れたなぁ~」と言ってるように思います。


ほぼ 立派なアンティークになるような年齢ですので

まあ それも致し方ありませんね。


落ち着くまで 「天空舎」の方も 更新はお休みです。


私が落ち着いて

しっかり元気になったら またいっぱい更新予定です。

送料設定変更前に2割引セールも予定してます。

お楽しみに~


お取り置きのお客様は そんなわけで発送作業もできませんので

もうしばらくお取り置き続行で どうかよろしくお願いします。


もし どうしてもお急ぎの発送希望がございましたら

空いた時間に最速で対応させていただきます。

書き込みではなく メールでお知らせくださいね。


店主



b0283437_16594512.jpg


b0283437_2111586.jpg


「幽霊は存在する」
という言葉で幕が上がる「煌びやか」なゴシックホラー「クリムゾン・ピーク」

死んだ母の黒い幽霊に主人公イーディスはこう言われます。
「クリムゾン・ピークに気をつけなさい」・・・。

美しく成長したイーディス(ミア・ワシコウスカ)は、聡明で小説家を志望する女性になります。
そしてトーマス(トム・ヒドルストン)という没落貴族とその姉ルシール(ジェシカ・チャステイン)に出会います。
直後訪れるトーマス姉弟を毛嫌いした父親の謎めいたむごたらしい死・・・。

過去と別れを告げる意味も込めてイーディスは不思議な魅力のあるトーマスと結婚、イギリスへ渡ります。
そして 赤土(クリムゾンレッド)鉱山の上に建つ広大な、
しかし土台の赤土粘土に沈みつつある朽ちかけた屋敷に暮らし始めるのですが・・・。

この朽ちかけたお屋敷(もちろんCG合成多用)がすごいのです。
豪華で かつての絢爛さが黒ずみ朽ちているのですが
とても退廃的な美しさに目を奪われます。
蜷川幸雄の舞台よろしく(?)エントランスホールの天井にあいたでかい穴(なんとか塞げよ、とつっこみたくなりますが)から
枯れ葉が、雪が 花吹雪のように降り注ぐのです。
ラファエル前派の絵画から抜け出たような、素敵すぎる衣装の3人が 確実な演技力で演じています。
とくにトム・ヒドルストンという俳優は
こういう「愁いを帯びたコスチュームもの」を演じさせたら抜群のインパクトがあります。

余談ですが・・
店主、トム・ヒドルストンのファンでありまして、彼の(日々後退する)髪の毛があるうちに
早く次のジェームズ・ボンド役になってほしい! と切望しています。


話の本筋はシンプルです。
しかし そこからこれでもかと張り出した枝葉が
とてつもなくゴージャス、という とにかく一見の価値有りホラーです。

さて そのお屋敷のなかにある 薄暗い部屋の一角に・・・
やっぱりありました。
ナポレオン3世スタイルのガラスドーム。
劇中では何が飾られていたかよく見えませんでしたが3つくらい並んで置かれていたと思います。

b0283437_21114683.jpg


こちらのガラスドームはとても小振りで日本の庶民のお家でも大丈夫。

b0283437_21114254.jpg


しかもちょっと珍しい 尖り気味のオーバル、吹きガラス厚めです。

b0283437_211130100.jpg

台は丸い「足」がつけられた古いタイプのオリジナルです。

b0283437_21113333.jpg


b0283437_21113781.jpg


これといったダメージなく 店主おすすめのガラスドームです。
全体の高さ26.5センチ 台の高さ3センチ強 奥行き6.5センチくらい

★小さなオーバルガラスドーム ご売約 ありがとうございました
b0283437_18283692.jpg


2010年作品 「ダブリンの時計職人」 はご覧になりましたか?

時計職人のフレッド(コルム・ミーニイ)は、ロンドンで失業し、
やむなく故郷のダブリンに帰ってきたものの、家を引き払ってしまっていたため
海岸沿いの公園の駐車場で車中生活。
「住所がない」「郵便物が届かない」ことを理由に失業手当ももらえません。

ある日 駐車場に車を止めにきた青年カハル(コリン・モーガン)との出会いが、
フレッドに心の転機をもたらします。
せっかく動く車があるんだから ドライブしよう!
男ならスリルを味わう楽しさを思い出さなきゃ!
そうだ スポーツセンターへ行かないかい?
息子ほど年の離れたカハルのくったくのない誘いに、徐々に気持ちが前を向き始めるフレッド。
スポーツセンターで知り合ったピアノ教師の未亡人に心がときめきます・・・。

彼女は夫の死後、自分の時間を止めたままでした。
でもフレッドの実直な人柄と、気持ちが安らぐ交流によって
徐々に自分の時間を前に進める決意をします。

フレッドの仕事は時計職人。
「止まった時計(時間)を動かすこと」
悲しみや苦しみで止まってしまったそのひとの「時間」を動かす力が
失業して住む家もないフレッドにあったのです。

ところがフレッドの秒針を動かす手助けをしたカハルは、父から拒絶される自分に苦しんでいました。
「お前の放蕩のせいで母さんは死んだ」とカハルを責め続ける父。
彼もまた 妻の死から時間が止まって前に進めずにいます。
そしてカハルは孤独の苦しみから逃避するために、麻薬に手を出して・・・。

フレッドはホームレスになってからも車にタンクを積み、朝には必ず歯磨き洗顔をします。
公園のトイレで洗濯し、貴重品を確認し、失業保険申請に役所へ出向きます。
どんな状況に置かれても、ちゃんと「きまった行動をこなす」
これは社会人としての理性を失わない為の基本だそうです。


原題は「PARKED」。
人生は厳しくて、きっと誰もが孤独。
立ち止まってもいいんだよ。
一度止まった時計も 修理して動き出すように
ゆっくりまた歩き出せばいいんだよ。
そう観る者に淡々と語りかけてくれる とても良い作品だと思います。

車中生活でフレッドが水をやっていた小さな多肉植物が
ラストシーンでちゃんと植木鉢に植えられているのが嬉しかったなぁ・・・。

b0283437_18315639.jpg


こちらは日本の時計職人さんが使っていたパーツ。

b0283437_18324337.jpg

小さな針、竜頭、歯車、ルビーもあります。
欠品なく揃っている、部品引き出しの一枚です。
21×15センチ 厚み2センチ
昭和30年代頃
b0283437_18324662.jpg

b0283437_18323991.jpg


★時計職人の抽出 6000円

b0283437_18342078.jpg


そして花時計のようなボル&ソーサー。
こちらは良い意味で「時が止まったように」美しいです。


b0283437_18344541.jpg

b0283437_1834354.jpg


クレイユモントロー(Lebeuf Milliet Crail Montereau)
b0283437_1834313.jpg


180年前のアンティークですが、とても良いコンディションで残っていました。
未使用だと思います。ヒビ、版ずれ、釉付きなどなく、綺麗なツヤがあります。
ボルの口径7センチ 高さ4.7センチ ソーサーの直径12センチ
b0283437_18402518.jpg


★クレイユモントロー 黒絵彩色・花時計のB&S ご売約
b0283437_19585836.jpg


お盆休みも終わり
蒸し暑い残暑のなか、何となくダルい足取りで
お仕事に出られた方も多いと思います。

でも 暑くても夜になると
どこからか虫の声が聞こえてくることに気づかされます。

この気象衛星の画像は 今日の午前中のものです。
左の白い渦巻きは熱帯低気圧ですが
右上にカーテンのようにのびる雲の連なりは前線です。

この「境目」の北と南で 季節の表情が少し違います。

そう
この「向こう側」に秋の入り口があるんです。

まだ前線は太平洋高気圧に押されて なかなか南下しませんが
そっと向こう側の爽やかな秋の気配を感じてみたいものです・・・

b0283437_1959559.jpg


先日の骨董市で購入した「剣先コップ」です。
涼しげでしょう?
ゆらゆらガラスの向こう側は
なんだか氷の断面のようにさえ感じますね。
b0283437_202745.jpg


★大正時代・剣先コップ all sold ありがとうござました
b0283437_21142754.jpg


今度雨が降って やんだら一応梅雨が明けるみたいです。

先の台風ではお住まいのところは被害などでなかったでしょうか?
抵抗できないとはいえ 
最近の台風は勢力が強いものが多いようです。

こまめに情報を把握すること、
また、大げさでもかまわないから 大事をとるようにしなければと思います。

来週の更新の予定です。
15日 火曜日 エンジェルミラー ふたつ
16日 水曜日 ブロンズの聖水入れ
17日 木曜日 かわいい缶と紙箱のセット
18日 金曜日 天使と燕のレース(額装)

都合で日延べする場合もありますので 何卒ご了承ください。

また、24日から三日間、ガラスドームのご照会をさせていただきます。
こちらはリクエストされた方が優先になりますので
何卒ご了承ください。
(もちろん キャンセルの場合は ご希望があればどなたにでもお譲りできます。)


そして29日の夜は 夏休み前の「蚤の市」開催します。
ひょっとしたら掘り出し物もみつかるかも・・・・
b0283437_21143098.jpg

b0283437_2153562.jpg


桜がそろそろ咲き始めています。

「花は桜木 人は武士」という言葉を聞いた事がありますか?
武士道は第二次世界大戦のとき とても嫌な使われ方をしたので
いまいち花と結びつけるのは好きではありません。

でも
短い期間に花だけが一斉に咲き
あっという間に散っていく桜の花は
確かに儚いが故の美しさを心得ているかのようですね。

・・・で、今日は日本の儚げな こんなもの。
b0283437_21555322.jpg

これ おもちゃではありません。
小指をたてて エスプレッソを飲むための
ちいさな 華奢な白磁のカップです。

b0283437_2273178.jpg

ウエストをきゅっと絞った白いドレスの貴婦人みたいです。

ふたつとも無傷ですが 上から見ると正円ではありません。
b0283437_2275088.jpg

古さ故のご愛嬌・・・とにかくチャーミングなカップです。

b0283437_228636.jpg


★1940年頃の白磁デミタス(日本)
ご売約


もっと和なもの
b0283437_20514098.jpg


冷蔵庫も もちろんエアコンもなかった時代
日本人は独特の美意識で 涼を感じる工夫をしました。

b0283437_20514063.jpg


b0283437_20513366.jpg


ガラス製品の愛らしいデザインも
この時期 見ていて気持ちが和みます。

b0283437_2051266.jpg


型吹きガラスのお醤油入れ。
蓋の燕はもちろんですが 底にレリーフされた燕がすごく好きです。
「こんなところにも!」と
見つけた時の嬉しさはひとしおでしょうね。

b0283437_2051493.jpg


★蓋と底に燕が飛ぶガラスの醤油差し 昭和初期 日本(未使用品)sold
b0283437_14294960.jpg


「砂漠でサーモンフィッシング」は市内のミニシアターに行きそびれて、先日DVDで観ました。
「ギルバート・グレイプ」や「ショコラ」でおなじみのラッセ・ハルストレム監督作品です。
ジャンル的にはヒューマン+ちょっとコメディ+ラブストーリーといったところでしょうか。
映画評などを見ても「面白く、心が温まる」「人間ってすてき」なんて文言が並ぶ訳ですが、
店主はもっと政治的な課題を描いているように思えました。
「今の流れに逆らって」「ダメだと思わず信じてみませんか」というメッセージです。

作品の冒頭、
主人公は大勢の人々が同じ方向に早足で進むなか、ひとりだけ逆の方向に歩き出します。
そしてラスト、
鮭たちは間違った方向へ一斉に泳ぎ始めますが一匹 また一匹と
正しい方向に向きを変え始めます。

9.11以降 こじれにこじれたイスラム体制と欧米大国との対立構造。
釣り人が釣れると信じて釣り糸を垂れるように
「どうせダメに決まってると諦めずに信じる」ことも釣り上げてみませんか?
と言われたような気がしました。
流れは変わると信じることから 全ての努力は始まるのです。

b0283437_1430364.jpg


ここで鮭は放流できませんが これからの季節、金魚やメダカを飼って涼を感じてみてはいかが。
昭和初期のゆらゆらガラスの四角い金魚鉢。分厚くて気泡が入っていて味があります。
観葉植物を入れたりいろいろ使えそうです。

b0283437_1431128.jpg

b0283437_1431883.jpg

b0283437_14334818.jpg


30×21.5センチ 高さ21.5センチ 3.1キロあります(汗)。★sold
b0283437_18433025.jpg



今日はひな祭りですね。

昔のおしゃれな女性のフレグランスは「ねり香」
口紅は 薬指で唇につける「紅」

b0283437_18434759.jpg

b0283437_18435472.jpg


ウサギさんの練り香入れと ちいさな小さな紅入れです。
紅入れの直径は2.7センチしかありませんが 丁寧に菊の花が描かれています。
しかも フタと容器の柄合わせもばっちり決まっています。

★うさぎの香入れ sold
★菊の花の紅入れ sold