春のカフェオレボウル祭り〜トランスファ彩色

卒業式があって 入学試験があって
桜の花芽が動き出しました。

どんな環境にいる人にも
どんな気持でいる人にも
今年も巡ってきたこの季節を空の明るさが 教えてくれます。

アンティーク好きには嬉しい春の到来。
ヨーロッパ各地での蚤の市などが再開されます。
年々入手が困難になっているカフェオレボウルですが
今年もささやかに特集をさせていただきますね。


今夜は19世紀の大きなボウル
トランスファ(転写)に手作業で彩色されています。

b0283437_18524826.jpg

b0283437_18524221.jpg


林檎の花と実のボウルは 以前もご紹介したカイファというお店のキャンペーン商品
ポイントをこんなかわいいボウルと交換してました。

b0283437_18523904.jpg

b0283437_18523588.jpg

b0283437_18523588.jpg
製造時の窯疵や 窯出しのライン 染まりがあります。
使うより飾って楽しみたいボウルなので
古い物好きなら余り気にならないダメージかと思います。
口径15センチ 高さ9センチ ★ご売約



b0283437_18520873.jpg

同じような雰囲気のこのボウルは サンタマン窯
カンパネラ(釣り鐘草)と麦の穂の珍しいボウルです。


b0283437_18520414.jpg
こちらも古いもので、染みやラインなど 画像でご確認ください。
ラインはアタリによるヒビではなく 窯出し時のものです。
強度的にはそれほど不安はありません。


b0283437_18520357.jpg


b0283437_18515867.jpg


b0283437_18515417.jpg


口径15.7センチ 高さ9センチ ★ご売約


トラックバックURL : https://ruriiroko.exblog.jp/tb/26725236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2017-03-17 22:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by ruriiro_ameri | 2017-03-17 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(1)

普段着の古物とシネマな日々
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31