人気ブログランキング |

たのしいお揃い

b0283437_21471392.jpg


ひょんなきっかけで
最近 たてつづけに小津安二郎作品を観ています。

時代は第二次大戦が終わり、
一般庶民がやっとそこそこの生活を手に入れた頃〜カラー作品では
いわゆる白物家電が「みんなのあこがれ」だった時代の作品です。

そのなかで「お早う」という作品は
ほのぼのとしたコメディタッチで描かれています。

中学生と小学生の兄弟の、大人に対するささやかな「レジスタンス」が
偶然もあって周囲の大人たちを巻きこんでいきます。

日本の家族が 本当に家族だった時代の温かさがよく伝わってきて
気がつけば ずっとニコニコしながら観てしまいました。

この作品は小津監督初のカラー作品だったこともあり
監督の「色」に対するこだわりが 随所に観られます。

お話の中心になる 兄弟の着ているセーターも お揃いで
なかなか渋めのおしゃれな色。
いっぽう 当時目を引いた カラフルな引き出し、輪投げ、琺瑯のバケツなど
昭和レトロな小道具がいっぱいで、そちらのほうでも観ていて楽しい作品です。

昔のお母さんは よく子どもたちに「お揃い」のセーターや小物を作ってくれました。
毛糸も 布も大切に使って 無駄のない素晴らしい時代だったと思います。

お揃い といえば
こんな風な「お揃い」も ちょっと素敵じゃないでしょうか。
b0283437_2148349.jpg


b0283437_21475945.jpg


こちらはクレイユモントローの 時代は違いますが同柄のステンシル
色違いで カップとボウルです。

b0283437_21475155.jpg


ボウル見込みに貫入、ラインがあります。すこし表側にも響いています。
古い物で、上部なので使用に差し支えはありません。

b0283437_21474338.jpg

b0283437_21474895.jpg


カップの方が時代は古いのですが使用感がなく見込みもとても綺麗です。
b0283437_21474062.jpg


ボウル口径:14.3cm 高さ8cm
カップ口径:9cm 高さ5.7cm
★モントロー・お揃いステンシルのボウルとカップ ご売約

こちらはもうおなじみになったジョワジーの林檎のボウル。

b0283437_21504416.jpg


バルボティーヌに手描き つやつやの林檎。
ボウルと受け皿の珍しいお揃いです。
b0283437_21503328.jpg

b0283437_21502785.jpg


お皿に深めのクトー痕があります。厚い陶器なので強度に問題はありません。

b0283437_2150417.jpg


ボウルに細いラインが1本。
高台に素地の傷(窯傷)があります。
こちらもご使用には差し障りのない程度です。

b0283437_21501754.jpg

b0283437_21501382.jpg

b0283437_2150733.jpg


ボウル口径:13.5cm 高さ7.8cm
お皿直径:21cm弱
★ジョワジー・お揃いのボウルとお皿  ご売約 ありがとうございました
by ruriiro_ameri | 2016-03-29 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://ruriiroko.exblog.jp/tb/25593001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-03-29 22:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-03-29 22:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-03-29 22:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 青葉台の夕焼け at 2016-03-29 22:28 x
懐かしい作品ですね!
おならでした?(失礼)
軽石かなんか食べるんですよね?
懐かしい
Commented by ruriiro_ameri at 2016-03-29 22:51
青葉台の夕焼け様
なんか見出すと止まらない小津マジック。
毎晩のようにいろんな作品を見てます。
ウチの親なんか映画館へマメに見に行ってたみたいです。

そうそう 軽石の粉を飲むと「出る」って言われて
いつもパンツを汚して叱られる同級生!笑

でも あの頃の女優さんてみなさん知的ですね。
服装なんかきりっと決まってて素敵!
フレアースカートがまたはきたくなりました。