あなたは二回観る?

b0283437_20235823.jpg


日本映画「イニシエーション・ラブ」
公開時のキャッチコピーは「あなたは必ず二回観る」

残念ながら店主は伏線の数々に気づいてしまい
二回観る必要がなくなってしまったのですが
映画化しにくい原作をそこそこ上手くまとめていると思います。

作品は80年代の恥ずかし・懐かしのファッション、
店主にはより身近な静岡の風景、
そして
いい歌は今聴いてもいいなぁ と80年代の想い出を思い起こさせてくれながら
ある男女の恋愛ドラマを追って展開していきます。

出だしはコミカルなのですが
徐々にシビアに。

今は演歌ファンの間でしか存在しない? カセットテープの
A面からB面への切替え・・・
この瞬間が「だまされるか否か」のポイントとなります。

未見で、心地よくだまされたい方は決して予備知識など持たずにご覧ください。

さて 今では考えられない好景気だった80年代
ヘアスタイルも 服装も「盛る」ことがひとつのステータスでした。

女の子のファッションも
ぱんぱんの肩パットが入り、
チャンピオンベルトのごとくに太いベルトでウエストが細いと錯覚させ、
目線を上に集める為に 巨大なリボンなどもよく使われました。

でもリボンはいつも時代でも女の子がより女の子でいられる為のアイテムに変わりはありません。
80歳になっても自分に似合うリボンを上手くつければ
素晴らしくおしゃれでキュートな80歳になれちゃうのです。

今夜は「大人のリボン」

b0283437_20245460.jpg


リボンの絵、それだけ そのまんまの小さなボウルです。
ポイントは色
渋いグレーのリボンがきゅっと結ばれているだけの絵柄です。
b0283437_20251788.jpg


1950年代〜60年? 口径10.8cm 高さ6.1cm
b0283437_20244483.jpg


使用感なしのミントなコンディションです。
大きさからベルギーあたりのボウルだと思います。窯元はわかりません。

b0283437_20245171.jpg

★グレーのリボンボウル ご売約 ありがとうございました


80年代のように「盛った」ファッションとはほど遠い
「普通」ファッションが主流になりつつある今
それでも いくつになっても「女の子」したいとき
こんな渋カワ・アンティークアクセサリーが便利です。
b0283437_20384131.jpg


ピンが「閂(かんぬき」式になっている19世紀末のブローチです。
b0283437_20383523.jpg


ダイヤに見せかけたペーストが気取らない華やかさを添えます。
すぐ実用できる良いコンディション。W4.5cm
b0283437_20383851.jpg

★19世紀末のリボンブローチ ご売約 ありがとうございました
トラックバックURL : https://ruriiroko.exblog.jp/tb/25508944
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-03-14 22:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by ruriiro_ameri | 2016-03-14 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(1)

普段着の古物とシネマな日々
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31