人気ブログランキング |

100年の金と銀

b0283437_2141067.jpg


昨夜は「老い」のことを少し書きましたが
年を取ることは悪いことばかりではありません。
年齢を重ねてはじめて解ることも納得できることも多く
若い頃にはぜんぜんいいと思わなかったものがよく見えたり好きになったり。

結婚している人なら
妻や夫と、若い頃とはまた違う絆が深まります。

結婚記念のなんとか婚式の名前、幾つご存知ですか?
一年目の「紙婚式」から始まって15年目の「水晶婚式」までは
毎年名前がついていますが、なぜか15年以降は5年飛びになります。
ちなみに20年目は「陶磁器婚式」なので
欲しいアンティーク陶器を、パートナーさんにねだってみては?

一般的に日本人も祝うことが多いのは25年目の「銀婚式」
そして「共白髪の長寿祝い」も兼ねて、50年目の「金婚式」ではないでしょうか。

ワルツ「金と銀」でも聞きながら 今夜は金と銀が美しいこんなボウルをご覧ください。
この二つのボウルは金婚式どころじゃない
100年の歳月を経てきたんですね。


b0283437_2162726.jpg


b0283437_2163440.jpg


b0283437_2163241.jpg


b0283437_2163078.jpg


金彩の剥げもほとんどなく、手描きの美しい絵つけのほうはジョワジー・ル・ロア
1878-1920年頃 口径15.5センチ 高さ9センチあります。
貫入や削げが若干あります。ヒビ・カケ・ラインのないgood condition。
★ジョワジー 手描き昼顔 金彩ボウル   sold ありがとうございました。

b0283437_2182181.jpg


b0283437_2182223.jpg


b0283437_2184440.jpg

とても珍しいバックに銀彩を施したボウル
1880-90年頃のものだそうですが窯元は不明です。
19世紀の陶器は窯印のない物が多いようです。
こちらも大きめで 口径15.3センチ 高さ8.5センチ
口部分の銀彩はさすがに剥げていますが、ヒビ・カケ・ラインなし。
クトー痕や貫入もほとんどなくgood conditionです。
★19世紀 銀とライラック色の花のボウル  sold ありがとうございました

b0283437_2184770.jpg

by ruriiro_ameri | 2014-05-04 22:00 | 異国の古物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://ruriiroko.exblog.jp/tb/22556323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-05-04 22:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-05-04 22:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。